1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

自動車ローンを任意整理ってできるの?

自動車ローンが理由で返済が苦しくなり、任意整理をしてみようと思い立った方もたくさんいるはずです。しかし、実は自動車ローンは任意整理をすることができません。

自動車ローンには「所有権留保」といって、すべての支払いが終わるまで自動車の所有権は契約者に変更されないことになっています。この所有権留保は、自動車ローンであればほとんどの場合で設定されているものです。

では、自動車ローンがある場合は任意整理をすることができないのか?といったら、そういうわけではありません。自動車ローンを任意整理の対象から外すことによって、自動車を保持し続けながら借金の整理を行うことができるのです。

「所有権留保」が設定されていることが自動車ローンの特徴です。

所有権留保があるとどうなるの?

無理に自動車ローンを任意整理の対象とした場合、ローン会社側は所有権留保に従い、車を引き上げることが可能となっています。完済するまでは所有権自体がローン会社側にありますので、これを阻止するのはまず不可能といえます。

引き上げられた車は、比較的安価な金額で売却されることになり、売却された代金が残った債務に充当されます。自動車ローンの任意整理をするのであれば、売却後の残った債務が任意整理の対象となってしまいます。

どうしても自動車を没収されたくないのであれば、ローン会社側には任意整理をする旨の通知を出すわけにはいかないということです。

自動車ローンは任意整理の対象から外せる

しかし、任意整理という手続きは非常に自由度が高い手続きであるため、自動車ローンのみを任意整理の対象から外すことが可能となっています。もちろん自動車ローンについては、現状どおりの返済を継続することになりますが、他の貸金業者との任意整理によって、無理のない返済計画を立てることが可能となっています。

これは、他の支払いについても同様のことがいえ、住宅ローンといった高額なローン、個人的な繋がりで作ってしまった借金、といったものを任意整理の対象から外すことも可能となっています。

他の債務整理手続きの場合は?

任意整理以外の自己破産や個人再生といった手続きの場合、特定の債権者のみを手続きの対象から外すことができません。手続きの関係上、自動車のローン会社だけを特別扱いすることができないため、ローンが残っている以上、自動車はまず間違いなく引き上げられることになってしまいます。

しかし、任意整理であれば自動車をそのまま保持することが可能となっており、これをうまく利用しない手はありません。この方法は、任意整理と似通った手続きである、特定調停の場合も同様に利用することができます。

カテゴリー:任意整理

関連記事
任意整理は自分一人でもできる?
任意整理の将来利息カットってなに?
任意整理後に返済が滞ってしまったら?
懈怠約款(けたいやっかん)って一体なに?
債権者から訴状が届いた後でも任意整理できる?
任意整理で注意しておかなければならないことは?
取引期間が短いと任意整理は意味がない?
無職でも任意整理をすることはできる?
任意整理の返済中にお金を借りることはできない?
任意整理でもボーナス払いは利用できる?
任意整理で借金の元金を減額することはできる?
任意整理の返済はいつからスタートするの?
生活保護費で任意整理の返済はできる?
任意整理をすると財産処分されてしまう?
任意整理後はどんな生活になる?
任意整理の返済は最長で何年?
自分で任意整理した後でも専門家に依頼はできる?
任意整理を成功させるコツは?
任意整理の和解契約書を自分で作成するには?
任意整理でよく見る減額報酬とは?お得なの?
任意整理の積立金とは?
任意整理は一括返済も有効って本当?
弁護士には任意整理解決の基準がある?
任意整理は断られることもある?

借金の無料相談窓口