1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

任意売却のメリット・デメリット

住宅ローンが支払えなくなり経済的破たんへと追い込まれてしまうと、自宅を失うことを回避できず、投げやりになってしまう方が非常に多いです。

任意売却のメリット・デメリット

このまま放っておけば、自宅は競売手続きにかけられてしまう恐れがあります。自宅を失うことに変わりはありませんが、競売とは別に、「任意売却」という方法もあります。

任意売却と競売では、その後の生活に与える影響が大きく異なるため、まずは任意売却がどのような手続きなのかを知ることから始めましょう。今回は、競売と比較しながら任意売却のメリットとデメリットを押さえ、任意売却の有用性をしっかりと認識しましょう。

任意売却のメリット

まず、任意売却のメリットとして挙げられるのが「高値で売れる可能性がある」という点です。

競売では市場価格の7割程度で売却されてしまうことが多いため、任意売却と比べると残債が多く残ってしまうことがほとんどです。任意売却であれば高値で売れることがある分、残債を少なくできる可能性が非常に高くなります。

次に、任意売却では交渉次第で手元に資金を残しておくことが可能となります。引っ越し費用や、引っ越し後のしばらくの生活費程度であれば確保できることが多いのです。

また、引っ越し先や引っ越し時期を比較的自由に決めることができるため、精神的なストレス軽減にも繋がります。競売では落札者が決まってしまえば、強制退去を求められることもあり、状況次第では、自宅にいるだけで不法侵入で訴えられてしまうこともあるくらいです。

その他、競売では新聞やインターネットなどで競売物件として公表されるため、周りに知られてしまう恐れもあります。しかし、任意売却であればご近所に事情を知られることなく、自然に振る舞いながら売却手続きを進めていくことが可能です。

任意売却のデメリット

上記のように競売と比べると任意売却は良いところだらけのようにも見えますが、任意売却にも少なからずデメリットが存在します。

任意売却の場合、最初の価格設定次第ではすぐに買い手がつかないこともあるため、任意売却よりも先に競売で落札をされてしまう危険性があります。一度競売手続きに入られてしまうと、期間的な余裕がなくなってしまいます。

おおよその期間としては、競売を申し立てられてから半年程度で落札者が決まるケースが多いのですが、早いと4ヶ月程度で落札されてしまうこともあるため、あまりゆっくりはしていられません。

また、落札を検討している不動産業者や個人が、朝でも夜でもかまわず物件の閲覧に訪れることもあるため、かなりの精神的な負担がかかります。

任意売却を検討するのであれば、競売手続きを申し立てられる前のほうが圧倒的に有利です。可能であれば、住宅ローンを滞納しすぎてしまう前に、任意売却の決断をしましょう。

カテゴリー:任意売却

関連記事
任意売却のおおまかな流れ
任意売却成功への5つの秘訣
住宅ローンを滞納すると・・・
任意売却における資金配分
自己破産の前に任意売却をすると?
任意売却した場合の個人情報の取り扱いは?
任意売却前にしてはいけないことは?
任意売却後の残債はどうすれば良い?
任意売却は連帯保証人がいてもできる?

借金の無料相談窓口