1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

任意売却のおおまかな流れ

住宅について任意売却による解決を検討している場合、まずは一度、専門家に相談することをおすすめします。

任意売却のおおまかな流れ

たとえば、不動産問題に詳しい弁護士や、任意売却の実績がある不動産コンサルタントなどです。住宅ローンが返せない場合の最終的な判断は、どうしても法律や金融の知識が豊富な専門家に頼らざるを得ないのです。

今回は、任意売却を専門家に相談した場合の一般的な流れについてご説明します。

1. 相談へ足を運ぶ
専門家に相談へ行くと、まずは現状把握をすることから始まります。どうして支払いができなくなってしまったのか?現在の生活はどうしているのか?債務は全部でいくらくらいなのか?今後どうしたいのか?といったことが基本事項です。

相談内容に対して専門家が示す解決方針に自身が納得できるようでしたら、委任契約へと移ります。専門家は委任契約をしない限りは、事件に着手することができません。

また、この際に、報酬といった費用の金額・支払い方法についてもよく確認しておくことを忘れないようにしましょう。

2. 不動産査定
専門家との契約が済んだら、次は不動産の査定を行う必要があります。自宅がいったいどの程度の金額で売却できるかの目星をつけておかなければなりません。

査定については不動産鑑定士などに依頼することが多く、地域の相場や近隣の売却実績といったデータから、基準となる売却価格を査定します。

3. 債権者との交渉
上記の不動産査定とほぼ同時進行で、債権者との交渉を始めます。

専門家が該当の住宅について任意売却を検討していることと、その交渉の窓口を請け負っていることを債権者に対して通知します。この通知が出されることによって、債権者から直接連絡がくることがなくなります。交渉はすべて専門家が介入して行ってくれるのです。

事情次第では、ここで競売手続きの申し立てを保留してもらえる可能性が出てきます。債権者としても競売によって安い価格で落札されてしまうよりは、任意売却によって少しでも多くの金額を回収できたほうが良いと考えているのです。

4. 不動産の売り出しと売買契約
次は不動産の買い手を探すために、一般の物件と同じように売却物件の広告を出すことになります。地域の不動産業者や広告代理店などに依頼することが多いのですが、専門家であれば業務上つながりのある不動産業者がいたりもしますので、自身が足を運ぶような必要はほとんどありません。

ここで買い手がすぐに見つかれば売買契約へと移行しますし、なかなか買い手がつかないようでしたら価格を少しずつ下げていき、なるべく高い価格で買い手が見つかるように価格設定を調整していきます。

5. 今後の返済計画の話し合い
買い手が見つかれば、売買契約からおよそ1ヶ月程度を目途に売買代金などの清算を行います。決済日には買主、売主、双方の代理人(不動産業者も含む)が一堂に会し、売買代金の受け渡し、抵当権の抹消のための書類や競売の取り下げ書といったものを取り交わします。

その後、事前に交渉していた売上代金の配分にもとづいて、今後の返済計画などが話し合われることになります。

カテゴリー:任意売却

関連記事
任意売却のメリット・デメリット
任意売却成功への5つの秘訣
住宅ローンを滞納すると・・・
任意売却における資金配分
自己破産の前に任意売却をすると?
任意売却した場合の個人情報の取り扱いは?
任意売却前にしてはいけないことは?
任意売却後の残債はどうすれば良い?
任意売却は連帯保証人がいてもできる?

借金の無料相談窓口