1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

自己破産すると家族に影響が出たりするの?

自己破産を検討している方の中には、家族への影響を不安視されている方も多いのではないでしょうか。

自己破産は、債務整理手続きの中でも最後の手段ともいえるべき手続きなので、
「失ってしまうものも多いのでは?」
といった考えにいたっても、決して不思議なことではありません。

実際はそんなこともありませんが、やはりこうした不安というのはなかなか拭いきれないものです。

では、現実に家族への影響があるのか?
その答えは、「原則として家族への影響はありません」

家族に影響がでるのは例外的

家族に影響が出てしまう例外について

「原則として」、としたのは、例外として家族への影響を防げない場合もあるからです。

その代表格として挙げられるのが、自分名義の自宅を持っている場合です。
自分名義となっている自宅は、不動産という立派な財産に該当しますので、自己破産するとなれば清算対象となってしまいます。そうなれば、当然そのまま家に住み続けることはできなくなりますので、引っ越ししなければなりません。

自宅を保有していなければ問題となることはありませんが、保有している場合は事前に家族への相談は欠かせません。こちらは住宅ローンを支払っている場合も同様です。

家族が連帯保証人の場合は要注意

例えば、奥様であったり、成人したお子様であったり、家族が連帯保証人になっていた場合は、一緒に自己破産をしなければならないかもしれません。
自己破産をするとなれば、連帯保証人への影響を免れることはできませんので、必ず事前に確認・相談をしておくようにしましょう。(詳細は「連帯保証人がいる場合はどうすればいいの?」)

自分名義のローンを組めなくなってしまう

家族生活を送っていれば、ローンを組む機会があっても決しておかしなことではありません。
自動車だったり自宅だったり、様々なものが想定されます。

自己破産をしてしまうと自分名義のローンは数年間組めなくなってしまいます。
買い物はすべて現金一括払いになりますので、家族生活を送るうえで、若干の不自由を感じることがあるかもしれません。

家族への影響は心配いりません

ここまで例外をいくつか説明しましたが、これ以外に影響が出るといったことはほとんどありません。もちろん家族名義の財産に手をつけられてしまうようなこともありません。

極端な話ですが、専門家の全面的な協力さえあれば、家族に知られることなく自己破産手続きを進めることだってできてしまうのです。もちろん家族の協力を得られるに越したことはありません。

しかし、自己破産はあくまでも個人の清算手続きになるため、基本的に家族になにかあるといった心配は不要です。

むしろ借金を放っておくほうが迷惑をかけてしまう可能性大ですので、必ず適正な手続きを取るようにしましょう。

カテゴリー:自己破産

関連記事
自己破産すると生命保険ってどうなるの?
自己破産で借金がなくならないことってあるの?
自己破産はいくら借金があればできるの?
自己破産すると無一文になってしまうの?
自己破産をするのにお金が必要って本当?
退職金がある場合の自己破産はどうなるの?
同時廃止事件、管財事件ってなに?
破産管財人がついたらどうなるの?
自己破産すると税金の滞納分ってどうなるの?
自己破産の非免責債権ってなに?
自分で用意する自己破産に必要な書類って?
自己破産と離婚① 慰謝料・養育費ってどうなるの?
自己破産と離婚② 偽装離婚で財産を隠すことはできる?
偏頗弁済(へんぱべんさい)ってなに?
2度目の自己破産はできる?
オーバーローンってどんなとき?どうなってしまう?
自己破産すると会社に解雇されてしまう?
自己破産と離婚③ 自己破産する相手とは離婚したほうがいい?
自己破産を家族や身内に反対されているときは?
リース物件がある場合の自己破産は?
自己破産を専門家に依頼すれば裁判所には行かずにすむ?
自由財産拡張手続きの基準と流れは?
破産手続後に失念していた債権者がいた場合は?
免責不許可となってしまった場合は?
自己破産すると携帯電話はどうなる?
自己破産にある復権ってなに?
自己破産の前後に遺産相続があったら?
自己破産をすると学資保険は解約しないとダメ?
自己破産前に借金はできる限り返済すべき?
自己破産の手続き中にギャンブルをすると不利になる?
自由財産を返済に充てることはできる?
自己破産は専門家に依頼しなくても出来る?
一度も返済していない債権者がいても自己破産はできる?
免責決定書はどんな時に使う?失くしてしまった場合は?
精神病が理由でも自己破産できる?
自己破産すると公正証書も無効にできる?
就職の際に過去の自己破産は伝える必要がある?

借金の無料相談窓口