任意整理をすると財産処分されてしまう?

債務整理という言葉を聞くと、自身の財産まで処分しなければならないのでは?とお考えになる方もいらっしゃいますが、実際にはそんなこともありません。すべての債務整理手続きで財産が処分されてしまうわけではなく、財産が処分されてしまうのは自己破産のみです。

任意整理をすると財産処分されてしまう?

とはいえ、任意整理の場合であっても、自発的に財産を処分することは可能です。任意整理は自由度が高い手続きなので、自分に合った方法で借金整理ができます。

自己破産では強制的に財産処分される

自己破産の手続きは、任意整理とは違い、かなりの範囲で制限(詳しくは「自己破産とは?」)を強いられてます。自己破産の手続きの過程で、自身の持つ一定以上の財産は清算されることになり、債権者にはその清算分が按分して返済されることになります。

もし、仮に財産を隠そうとして、それが裁判所や貸金業者に判明してしまった場合は、財産隠匿行為となり、それから先の手続きを進めていくことができなくなってしまう可能性が出てきます。よって、どうしても自身の財産を保有しながら手続きを進めたいのであれば、債務整理手続きの中では任意整理が最も適しています。

個人再生でも財産保有は可能だが・・・

また、任意整理と同じく個人再生でも財産保有は可能ですが、清算価値(詳しくは「個人再生における清算価値保障って?」)として評価されてしまい、再生計画(最終的な返済計画)における返済金額が大幅に値上がってしまう可能性があります。

つまり、個人再生では保有する財産の価値がありすぎると、最低でも保有財産分は返済に回さなければならないため、個人再生のメリットの1つである債務圧縮の効果が薄れてしまうのです。

また、個人再生の場合、所有財産次第では手続き要件である「支払い不能の見込み」という状態を満たせなくなってしまうこともあるため、手続き自体を取ることができない場合もあります。

任意整理では財産保有は選択可能

任意整理では、財産処分が強制されることもありませんし、そのまま保有していてもなんら問題が生じることはありません。特に財産に未練もなく、財産処分をしたほうが返済を楽に行うことができるのであれば、意図的に処分を行っても良いです。

また、どうしても処分したくないのであれば、貸金業者に対して返済期間を増やす交渉をすることによって、財産を保有したまま返済できるように調整することも可能です。このように、財産処分に関して個々が自由に判断をすることができるという点は任意整理の自由度の高さを表しています。

ただし、上記の交渉が認められるか否かについては、高度な交渉技術が求められることになるので、専門家に依頼し、財産を処分せずに手続きを進めたい旨を伝えるようにしましょう。

カテゴリー:任意整理

関連記事
任意整理は自分一人でもできる?
任意整理の将来利息カットってなに?
任意整理後に返済が滞ってしまったら?
懈怠約款(けたいやっかん)って一体なに?
自動車ローンを任意整理ってできるの?
債権者から訴状が届いた後でも任意整理できる?
任意整理で注意しておかなければならないことは?
取引期間が短いと任意整理は意味がない?
無職でも任意整理をすることはできる?
任意整理の返済中にお金を借りることはできない?
任意整理でもボーナス払いは利用できる?
任意整理で借金の元金を減額することはできる?
任意整理の返済はいつからスタートするの?
生活保護費で任意整理の返済はできる?
任意整理後はどんな生活になる?
任意整理の返済は最長で何年?
自分で任意整理した後でも専門家に依頼はできる?
任意整理を成功させるコツは?
任意整理の和解契約書を自分で作成するには?
任意整理でよく見る減額報酬とは?お得なの?
任意整理の積立金とは?
任意整理は一括返済も有効って本当?
弁護士には任意整理解決の基準がある?
任意整理は断られることもある?