1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

任意整理後はどんな生活になる?

任意整理をするとなると、その後の生活にはどのような影響が出るのでしょうか?
任意整理手続きを取る前に、その後の生活について知っておけば安心して手続きへと臨めるというもの。

任意整理後はどんな生活になる?

また、任意整理後の生活といえば、気になるのが専門家への費用の支払いです。
実際にはどのように支払いが行われることになるのでしょうか?

今回は、こういった疑問を解決すべく、任意整理後の生活について詳しく説明します。

任意整理をしても影響はほとんどない

実は、任意整理をしたとしても、その後の生活への影響はほとんどありません。

自己破産とは違い、職業や資格に制限を受けることもありませんし、官報(国発行の機関誌)に名前が掲載されるわけでもありませんので、周りに任意整理をした事実が知られてしまうようなこともありません。

とはいえ、任意整理の唯一のデメリットともいえる、新たな借入が困難になってしまう点についてはどうしようもありません。任意整理をすることによって、個人信用情報に傷がついてしまいますので(詳しくは「ブラックリスト入りってどういうこと?」)、新たなローンを組んだり、クレジットカードを作成したりといったことが困難になってしまいます。

任意整理後の買い物については現金一括払いが基本となります。

返済苦に悩まされることはない

現金一括払いという、若干の不自由は致し方ありませんが、それを除けば今までのような返済苦に悩まされることはなくなり、快適な生活を送ることができるようになるはずです。

また、今までは自発的に借金に頼ってしまう生活になっていたのが、ほぼ強制的に借金をすることができなくなるため、お金の価値観にも変化が出てくるはずです。

任意整理をすることによって無理のない範囲の返済に切り替えることができるため、任意整理の後の生活では、返済苦に悩まされるようなことはほとんどありません。

専門家への費用の支払いについて

任意整理における返済計画は、もちろん専門家への費用の支払いについても考慮されたものとなっています。よって、専門家への費用の支払いが弊害となって、もう一度同じように返済苦に悩まされてしまうことはほとんどありません

どうしても返済が苦しくなりそうなら、専門家にそのことをしっかりと伝え、費用の支払いについて再度検討してもらうようにしましょう。せっかく任意整理をしたのに、生活状況が変わらないようでは手続きを取った意味がなくなってしまいますので、1ヶ月に返済に回せる金額については、入念に専門家と相談をするようにしましょう。

こういった点に注意しておけば、任意整理後の生活は快適なものになることは間違いありません。

カテゴリー:任意整理

関連記事
任意整理は自分一人でもできる?
任意整理の将来利息カットってなに?
任意整理後に返済が滞ってしまったら?
懈怠約款(けたいやっかん)って一体なに?
自動車ローンを任意整理ってできるの?
債権者から訴状が届いた後でも任意整理できる?
任意整理で注意しておかなければならないことは?
取引期間が短いと任意整理は意味がない?
無職でも任意整理をすることはできる?
任意整理の返済中にお金を借りることはできない?
任意整理でもボーナス払いは利用できる?
任意整理で借金の元金を減額することはできる?
任意整理の返済はいつからスタートするの?
生活保護費で任意整理の返済はできる?
任意整理をすると財産処分されてしまう?
任意整理の返済は最長で何年?
自分で任意整理した後でも専門家に依頼はできる?
任意整理を成功させるコツは?
任意整理の和解契約書を自分で作成するには?
任意整理でよく見る減額報酬とは?お得なの?
任意整理の積立金とは?
任意整理は一括返済も有効って本当?
弁護士には任意整理解決の基準がある?
任意整理は断られることもある?

借金の無料相談窓口