1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

自分で任意整理した後でも専門家に依頼はできる?

貸金業者への返済が数ヶ月間滞るようなことがあると、貸金業者側から
「利率を下げるので返済を継続してもらえませんか?」
といった提案をされることがあります。

しかし、こういった提案をされていた場合、実は自らが損をしていることに気づいていないことがあるのです。

自分で任意整理した後でも専門家に依頼はできる?

また、過去にどうしても返済が苦しく、貸金業者と個人的な任意整理による減額交渉をしていたような場合においても上記と同様のことが言えます。

では、貸金業者と一度してしまった和解契約を破棄し、後から専門家に任意整理を依頼することはできるのでしょうか?

後からでも専門家に任意整理は依頼できる

専門家への依頼にタイミングは関係ありません。
一度、貸金業者と和解していたとしても、専門家であれば関係なく任意整理することが可能となっています。

貸金業者側は、相手が専門知識を有していないとわかれば、当然、自らが有利になる条件で和解を試みます。わざわざ親切に専門知識を教えてくれるようなことは、当然、するわけがありません。

よって、過去に自ら貸金業者と和解していたような場合、専門家に再度その和解条件を見直してもらうことは非常に有意義なものになりえます。

貸金業者側から減額の提案があった場合

なお、自ら貸金業者と交渉したのではなく、貸金業者側から減額の提案があった場合、過払い金が生じている可能性が非常に高いです。

というも、貸金業者は過払い請求をされないため、自ら利率の変更や減額の提案といった債務者にとってメリットとなる条件をチラつかせ、過払い請求という発想が出てこないように画策していることがあるのです。

特に返済苦に悩まされている方は、減額という言葉に非常に弱く、貸金業者から出された和解案に素直に応じてしまうことが多いのも事実です。パッと見は自らが有利になっているように見えるため、貸金業者から親切な対応をしてもらえたと勘違いしてしまうというわけです。

不利な条件で返済をし続けないように

上記のことからも、過去に利率の変更や減額の提案を貸金業者からされていたような場合、必ず専門家に相談をするようにしましょう。専門家であれば、個人が無知なためにしてしまった過去の和解契約の取り消しについても対応してもらうことが可能です。

なお、過払い金が生じているのであれば、そのまま専門家に請求・回収もしてもらうことが可能(詳しくは「過払い金とは?」)となっています。

過去に貸金業者と和解していたからといって安心せず、専門家への無料相談などを利用し、不利な条件で返済し続けることがないよう、交わした和解契約書の内容をチェックしてもらうようにしてください。

カテゴリー:任意整理

関連記事
任意整理は自分一人でもできる?
任意整理の将来利息カットってなに?
任意整理後に返済が滞ってしまったら?
懈怠約款(けたいやっかん)って一体なに?
自動車ローンを任意整理ってできるの?
債権者から訴状が届いた後でも任意整理できる?
任意整理で注意しておかなければならないことは?
取引期間が短いと任意整理は意味がない?
無職でも任意整理をすることはできる?
任意整理の返済中にお金を借りることはできない?
任意整理でもボーナス払いは利用できる?
任意整理で借金の元金を減額することはできる?
任意整理の返済はいつからスタートするの?
生活保護費で任意整理の返済はできる?
任意整理をすると財産処分されてしまう?
任意整理後はどんな生活になる?
任意整理の返済は最長で何年?
任意整理を成功させるコツは?
任意整理の和解契約書を自分で作成するには?
任意整理でよく見る減額報酬とは?お得なの?
任意整理の積立金とは?
任意整理は一括返済も有効って本当?
弁護士には任意整理解決の基準がある?
任意整理は断られることもある?

借金の無料相談窓口