任意整理を成功させるコツは?

任意整理の手続きは必ず成功するわけではありません。
もし失敗すれば、個人再生や自己破産といった、他の債務整理手続きに移行せざるを得なくなってしまいます。

任意整理を成功させるコツは?

しかし、債務整理手続きのなかで、最もデメリットが少ないのは任意整理です。

なるべくなら任意整理で解決したいという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、専門家に依頼することを前提に、依頼の最中と返済開始後とに分けて、任意整理を成功させるコツについて紹介します。

専門家は慎重に選びましょう

任意整理を成功させるためには、良い専門家からの手助けがあるに越したことはありません。そこで、専門家選びについては慎重に行うようにしましょう。

特に、任意整理のような手続きの場合、専門家からすればそこまで難しい法律知識を必要とする手続きではないため、ぞんざいに扱われてしまうこともあるのです。

専門家とは必ず依頼前に直接対面し、その時の状況から自分に合った専門家を探すようにしてください。納得できるまで説明をしてくれる、親身になって話を聞いてくれる、こういった専門家が良い専門家と言えるでしょう。

専門家に嘘はつかないようにしましょう

借金の相談は、なかなか人にできることではありません。
それは相手が専門家になっても同じ、と考えている方は多くいらっしゃいます。

しかし、専門家にはすべてを包み隠さず話すようにしましょう。
特に、見栄を張って借金を少なく申告したり、本当は他にも借入先があるにも関わらず、それを隠したりするといったことは絶対にしないようにしてください。

任意整理に限らず、専門家は依頼者の1ヶ月の収支を基本として債務整理の方針を判断することになるため、虚偽の情報を伝えてしまうと、本当に正しい方針を選択することができなくなってしまうのです。それでは自身のためになりません。

現金の管理には極力気を配りましょう

任意整理による返済が開始すると、原則として消費者金融などから借り入れをすることができなくなります(詳しくは「任意整理の返済中にお金を借りることはできない?」)。よって、現金の管理には極力気を配る必要があります。

たとえば、生活をしていれば突然として出費が必要になることもあります。
しかし、今まで頼りにしていた借り入れをすることはできません。1ヶ月の収支の中であまった現金は可能な限り貯金をしておくなどして、急な入り用に備えておくように心がけてください。

また、あまりに生活に余裕がないようでしたら、貸金業者と「再和解」(詳しくは「任意整理後に返済が滞ってしまったら?」)するなどして、早めに状況を改善することが、任意整理による返済を完済させるコツです。

カテゴリー:任意整理

関連記事
任意整理は自分一人でもできる?
任意整理の将来利息カットってなに?
任意整理後に返済が滞ってしまったら?
懈怠約款(けたいやっかん)って一体なに?
自動車ローンを任意整理ってできるの?
債権者から訴状が届いた後でも任意整理できる?
任意整理で注意しておかなければならないことは?
取引期間が短いと任意整理は意味がない?
無職でも任意整理をすることはできる?
任意整理の返済中にお金を借りることはできない?
任意整理でもボーナス払いは利用できる?
任意整理で借金の元金を減額することはできる?
任意整理の返済はいつからスタートするの?
生活保護費で任意整理の返済はできる?
任意整理をすると財産処分されてしまう?
任意整理後はどんな生活になる?
任意整理の返済は最長で何年?
自分で任意整理した後でも専門家に依頼はできる?
任意整理の和解契約書を自分で作成するには?
任意整理でよく見る減額報酬とは?お得なの?
任意整理の積立金とは?
任意整理は一括返済も有効って本当?
弁護士には任意整理解決の基準がある?
任意整理は断られることもある?