1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

個人再生は住宅ローンが滞っていても間に合う?

債務整理の中でも、個人再生は比較的新しい手続きですが、自身が持つ住宅を守れるというメリット(詳細は「個人再生とは?」)もあることから、利用を検討される方が年々増えてきました。

個人再生は住宅ローンが滞っていても間に合う?

しかし、すでに住宅ローンが滞っていたとしたらどうでしょう。
他社への返済に追われた末、住宅ローンまで支払いが滞ってしまったとあれば、自己破産を検討することになってもおかしな話ではありません。

しかし、個人再生では、まだそのように考えるのは早計です。

住宅ローンが滞っていても、個人再生が間に合う可能性は十分にあるのです。

住宅ローンのリスケジュールという方法

厳密に言えば、個人再生手続きの一環というよりは、手続きに入る前準備となるのですが、住宅ローンのリスケジュール(返済計画の組み直し)をすることが可能となっています。ただし、これは住宅ローン債権者からの同意がなければ認められません。

どうしても債権者との交渉が必要となってしまいますので、住宅ローンが滞っている場合は、専門家への依頼を検討するようにしましょう。住宅ローン債権者は、専門家が介入することによって、ある種の安心感を得ることができます。これが交渉をスムーズに進める鍵となっています。

住宅ローンが滞ったままだと・・・

住宅を守りたいのであれば、個人再生を裁判所に申し立てる際、「住宅資金特別条項」を含む申立をすることになります。いわゆる住宅ローン特則などと呼ばれる条項なのですが、これはあくまでも住宅ローンに遅滞がないことが条件となっています。

住宅ローンに遅滞があり、保証会社に代位弁済をされ、6ヶ月以上経過していた場合には、この特約を付することができなくなってしまいますので、注意が必要です。

あまりにも長い期間住宅ローンが滞っていると、保証会社による代位弁済がされてしまいますので、必ず早目にリスケジュールするようにしましょう。

手続きの中で遅滞を取り戻す方法も

あまり積極的に利用されることはありませんが、住宅ローン特則の中には、支払い遅滞を回復させる方法もあります。以下に簡単にまとめました。

なお、上記の事前にリスケジュールをする方法は「同意型」と呼ばれている方法です。

・期限の利益回復型
返済が滞ってしまうと、期限の利益(支払いを待ってもらう権利)を失うことになります。これを失ってしまうと、債権者からは一括請求をされてしまいます。

この利益を回復しようというのが「期限の利益回復型」です。
遅滞金を一括請求されることはなくなりますが、返済義務がなくなるわけではありませんので、再生計画の返済に加えて遅滞金の支払いもしていかなければなりません。

・期限の延長型
上記の方法で期限の利益を回復することができたとしても、3~5年以内に遅滞金の返済が不可能と見込まれる場合は、返済の期限を延長することによって解決を図ります。最大で10年間まで延長することができます。

・元本据置型
上記の2つの方法でも返済が厳しいとなれば、再生計画中に限って、各返済時に支払う元本額を少なくし、少なくした分を遅滞分に充てることが可能となっています。

ただし、遅滞していた分の返済が終われば、通常通りの返済額(といっても月の返済金額は変わりませんが)に戻ることになります。

カテゴリー:個人再生

関連記事
個人再生で住宅が守れる理由って?
個人再生が途中で継続できなくなったらどうなるの?
小規模個人再生と給与所得者等再生の違いって?
アルバイトでも個人再生ってできるの?
個人再生だと生命保険や退職金はどうなるの?
個人再生が不認可となったらどうすればいいの?
個人再生の申し立てにはいくらお金が必要なの?
住宅資金特別条項が利用できないのはどんなとき?
3年を超える返済が認められる特別な事情とは?
給与の差押えがされていても個人再生はできる?
給与所得者再生における可処分所得額の算出方法は?
個人再生認可決定後の流れは?
個人再生における清算価値保障って?
2度目の個人再生はできる?
ペアローンでも個人再生で住宅を守れる?
個人再生委員ってなに?
個人再生で慰謝料や養育費は減額される?

借金の無料相談窓口