任意売却後の残債はどうすれば良い?

任意売却しても住宅ローンを完済できることはあまりなく、多くは残債が残ってしまいます。

任意売却後の残積はどうすれば良い?

残債が残ってしまえば、当然、返済していかなければなりません。任意売却したからといって、残債までも放棄できるわけではないのです。これが不安でなかなか任意売却に踏み出せない方はたくさんいらっしゃいます。

では、任意売却後の残債はどうするのが良いのでしょうか?

原則として残債は一括請求される

任意売却した後も、多くの方は、住宅ローンを保証していた債権回収会社に対して残債の支払い義務が残っており、いつ一括請求されてもおかしくない状態です。このため、債権者との交渉によって、分割払いを認めてもらうことを記した「分割和解の契約」を結ばなければなりません。

この契約をいつまでもしないでいると、残債は一括請求されるだけでなく、最悪の場合、裁判所の強制執行手続きによって自らの銀行預金や給与などを差押えられてしまいます。

任意売却が終わったからといって油断せず、残債への対応も忘れてはなりません。

月々の支払いがなくなるわけではない

債権者と分割和解をするのであれば、1ヶ月にどの程度の支払いができるかを基準に月々の支払額を交渉していくことになります。

任意売却によって残債がほとんどなくなっていればそこまで苦労しませんが、金額が大きければ大きいほど利息に注意しなければなりません。これは、返済期間を長く設定していた場合も同様です。

というのも、ここで発生する利息は、住宅ローンという性質ではなく、通常の貸金債権と同じ取り扱いを受けるため低く設定されることはありません(一般的に年15~20%の金利)。

任意売却したというのに、気付けば任意売却前と対して変わらない月々の支払いになっていることもあるのです。

支払い継続が難しいときは債務整理を

そこで、どうしても支払い継続が難しいときは債務整理を利用しましょう。任意売却は債務整理と併用することによって、より効果を発揮する場合もあるのです。

たとえば、利息さえなければ分割返済可能であれば「任意整理」、全額返済は難しいとしても安定した収入があれば「個人再生」、といった方法で解決可能です。

また、支払い継続できないほどの事情があれば「自己破産」によって残債の返済義務を免除してもらうことも可能です。

以上のことから、任意売却後の残債に不安を感じている方は、債務整理の利用を検討しましょう。債務整理をうまく利用すれば、任意売却後の生活もより良いものにできるはずです。

カテゴリー:任意売却

関連記事
任意売却のメリット・デメリット
任意売却のおおまかな流れ
任意売却成功への5つの秘訣
住宅ローンを滞納すると・・・
任意売却における資金配分
自己破産の前に任意売却をすると?
任意売却した場合の個人情報の取り扱いは?
任意売却前にしてはいけないことは?
任意売却は連帯保証人がいてもできる?