任意整理の積立金とは?

専門家の事務所によっては、任意整理の際に「積立金」を求められることがあります。

この積立金とは、簡単に言えば専門家に支払う報酬のことで、一括で任意整理の費用が支払えない方のために、毎月積み立てたお金から費用を捻出しようというものです。

数ある債務整理手続きの中でも任意整理を選択したということは、いずれは貸金業者に返済していかなければなりません。

しかし、貸金業者への返済に加え、専門家の費用を同時に支払うと負担が大きくなってしまうため、専門家の介入により返済がストップしている間に(詳しくは「専門家が債権者に出す受任通知の効果って?」)、費用の一部を積み立てておきます。

専門家の都合で作られた制度じゃないの?

しかし、この積立金制度は一見すると、専門家が費用を回収するための保険にも感じられます。

積立金は、弁護士にとっても、依頼者にとっても、双方にメリットのある制度です。

確かに、専門家にとってメリットのある制度ですが、実は依頼者にもメリットはあります。

たとえば、専門家が貸金業者との間に介入すると、すべての返済がストップするため、今まで返済に充てていた資金が自由に使えるようになります。しかし、ここで浮いたお金を自由に使ってしまうと、実際に返済が始まってから苦労するのが目に見えています。

そこで、返済前に積立金をすることにより、正常な金銭感覚が維持できるようになるのです。

着手金の用意ができない場合も有用

その他にも、専門家に任意整理を依頼する場合、通常はある程度の着手金(詳しくは「報酬相場」)を用意しなければなりません。

しかし、すぐに着手金が用意できなかったとしても、積立金をすることによって支払いの先延ばしを認めてくれる事務所も多いです。任意整理を依頼する時点で、手持ちのお金がほとんどなく、月々の返済に困っていることくらい専門家は当然理解しているからです。

依頼時にまとまったお金を用意できない方にとって、積立金はメリットがある制度と言えるでしょう。

積立金をしていないと任意整理は失敗しやすい

任意整理は貸金業者に返済を継続し、完済して初めて成功と言える手続きです。

しかし、積立金をしていないと失敗するケースがよく見受けられます。

たとえば、毎月のように積立金をしていると、貸金業者と和解して毎月の返済額を決める際、事前に「毎月一定額のお金を積み立てる」という行為をしていたことで、いくらまでなら実際に返済に回せるかが見極めることができます。

しかし、積立金をしていないと、いざ貸金業者への返済額を決めるときに、自分が毎月どれくらい返済できるのか正確に見極めることができず、手探り状態になってしまうのです。
その結果、この金額であれば毎月返済できると思っていても、実際に始まってみると返済が苦しく、いずれは返済計画が破たんしてしまうケースが多く見受けられます。

そうならないためにも、積立金制度をうまく利用して任意整理を成功させましょう。

カテゴリー:任意整理

関連記事
任意整理は自分一人でもできる?
任意整理の将来利息カットってなに?
任意整理後に返済が滞ってしまったら?
懈怠約款(けたいやっかん)って一体なに?
自動車ローンを任意整理ってできるの?
債権者から訴状が届いた後でも任意整理できる?
任意整理で注意しておかなければならないことは?
取引期間が短いと任意整理は意味がない?
無職でも任意整理をすることはできる?
任意整理の返済中にお金を借りることはできない?
任意整理でもボーナス払いは利用できる?
任意整理で借金の元金を減額することはできる?
任意整理の返済はいつからスタートするの?
生活保護費で任意整理の返済はできる?
任意整理をすると財産処分されてしまう?
任意整理後はどんな生活になる?
任意整理の返済は最長で何年?
自分で任意整理した後でも専門家に依頼はできる?
任意整理を成功させるコツは?
任意整理の和解契約書を自分で作成するには?
任意整理でよく見る減額報酬とは?お得なの?
任意整理は一括返済も有効って本当?
弁護士には任意整理解決の基準がある?
任意整理は断られることもある?