任意整理は断られることもある?

任意整理を専門家に依頼すれば、貸金業者からの請求も止まり、ひとまず安心なのは間違いありません。しかし、専門家に手続きを断られることもあります。

任意整理は断られることもある?

というのも、多額の借金を返済していけるだけの収入がなく、将来にわたって収入が期待できない場合、任意整理は事実上不可能だからです。

こういった場合、任意整理ではなく自己破産を専門家から提案されます。
そして、これを頑なに拒めば、受任を断られてしまいます。

「自己破産したくない」は通用しない場合も

自己破産に対してはマイナスイメージが付き物です。
自己破産だけはどうしてもしたくないという方もいらっしゃいます。
しかし、どれだけ頑なに自己破産したくないと考えていても、他の債務整理手続きの取りようがなければ自己破産するしかありません。

専門家に依頼すれば、なんとかしてくれるという考え方は決して間違っていません。
しかし、なんでもやってくれるわけではありません。専門家が経済的に破たんしていると判断すれば、任意整理が断られるのは仕方ありません。

任意整理ができない具体例

では、どういった状況だと任意整理できないと判断されるのでしょう?

この判断基準は、すべての借金を3~5年程度で返済できるか否かです。
ここでいう借金には、遅延損害金や将来利息は含まず、純粋な借入元金を使って判断します。
(詳しくは「任意整理の将来利息カットってなに?」)

たとえば、借金が300万円あるにも関わらず、1ヶ月で3万円の返済しかできないとなれば、1年で36万円、5年でも180万円しか返済できません。

これでは返済の見込みがあるとは言えず、任意整理以外の解決策を講じるしかありません。

貸金業者に任意整理を断られるケースも

なお、専門家が任意整理できると判断しても、貸金業者が返済の交渉に応じてくれなければ和解は進められません。貸金業者に断られて任意整理ができないケースもあります。

つまり、専門家だけでなく、貸金業者も納得する程度の返済ができなければ、任意整理は断られてしまいます。どの程度の返済額であれば交渉に応じるかは貸金業者側の方針次第となっているため、具体的な基準を示すことはできません。

専門家に依頼する場合、債務整理に詳しい専門家に相談しなければならない理由の一つがここにあります。

債務整理の交渉を多数こなしてきた専門家は、貸金業者との交渉の落としどころを把握しています。このため、依頼者の方ができるだけ余裕をもって返済できる内容で、かつ、貸金業者が断らないギリギリの線で交渉をまとめることができます。

カテゴリー:任意整理

関連記事
任意整理は自分一人でもできる?
任意整理の将来利息カットってなに?
任意整理後に返済が滞ってしまったら?
懈怠約款(けたいやっかん)って一体なに?
自動車ローンを任意整理ってできるの?
債権者から訴状が届いた後でも任意整理できる?
任意整理で注意しておかなければならないことは?
取引期間が短いと任意整理は意味がない?
無職でも任意整理をすることはできる?
任意整理の返済中にお金を借りることはできない?
任意整理でもボーナス払いは利用できる?
任意整理で借金の元金を減額することはできる?
任意整理の返済はいつからスタートするの?
生活保護費で任意整理の返済はできる?
任意整理をすると財産処分されてしまう?
任意整理後はどんな生活になる?
任意整理の返済は最長で何年?
自分で任意整理した後でも専門家に依頼はできる?
任意整理を成功させるコツは?
任意整理の和解契約書を自分で作成するには?
任意整理でよく見る減額報酬とは?お得なの?
任意整理の積立金とは?
任意整理は一括返済も有効って本当?
弁護士には任意整理解決の基準がある?