取引が長くても過払い請求できないことってあるの?

過払い金というのは取引が長いからといって必ず発生しているわけではありません。

取引が長くても過払い請求できないことってあるの?

考えられる例としては、
・過払い発生の基準となっている平成18年以前の取引がない場合
・借入れ元本が大きすぎて、取引が長くても過払いにまで至っていない場合
・キャッシング枠の他にショッピング枠での利用が多額になり、相殺される場合
などが挙げられます。

単に期間の長さという要素のみで過払い金が発生しているわけではありませんので、今回は過払い金になっていない場合の例をご紹介します。

過払い発生の判断要素は取引の長さだけではない

過払いになっているか、なっていないかという基準は、単純に取引の長さだけではありません。

過払い金が発生する仕組み(詳細は「過払い金とは?」)を見てもらえればわかりますが、過払い金は、過去と現在との利率の違いによって発生しています。

いくら取引が長いからといって、高金利での取引期間がまるでなければ、過払い金が発生することはありません。その基準となっているのが平成18年前後というわけです。

減額にはなるが過払いになっていないことも

過払い額以上に借入れをしているのであれば、当然過払い金は発生しません。

もちろん、多く払いすぎていた利息分は、借金から減額されることになりますが、借入れ元本があまりにも大きすぎる場合は、過払いとなっていないこともよく見受けられます。

とはいえ、借金減額になる可能性は十分にあるので、借入れ元本が大きいからといって、過払いの計算がまったく無駄になってしまうわけではありません。過払いの計算後に債務が残っている場合は、任意整理(詳細は「任意整理とは?」)による解決を図ることになります。

ショッピング枠と相殺されてしまう場合

過払いとなる可能性がある借入れは、基本的にはキャッシングによる場合です。ショッピングについてはもともとの金利が安いため、過払いになっていることはまずありません。

同一会社で、キャッシング・ショッピングともに取引がある場合は、いくらキャッシング枠で過払い金が発生していたとしても、ショッピング枠と相殺(差し引き)されてしまい、手元に過払い金が返ってこない場合も想定されます。

実際に相殺をするかについては、貸金業者側の判断となりますが、残債があればまず間違いなく相殺されることになります。

とはいえ、こちらも上記と同じように大幅な借金の減額となる可能性がありますので、引き直し計算だけは必ず行ってみましょう。

カテゴリー:過払い請求

関連記事
すでに完済していても過払い請求はできる?
過払い請求は個人でもできる?
過払い金が戻ってくるまでの流れって?
過払い金を返さない貸金業者なんてあるの?
ゼロ和解って一体どんなもの?
どの専門家に依頼しても過払い金の回収額は一緒?
移送申立をされたらどう対処すればいい?
一度自分で和解した後でも過払い金請求はできる?
返ってきた過払い金に税金ってかかるの?
過払い請求と他の債務整理手続きは併用できる?
自己破産後でも過払い請求はできる?
亡くなった親の過払い請求はできますか?
過払い金訴訟における地方裁判所と簡易裁判所の違いって?
もう貸金業をしていない元貸金業者への過払い請求はできる?
過払い金訴訟 訴状作成のポイントって?
過払い金の時効はどうにもならないの?
個人再生の依頼後に過払い金が判明したら?
過払い請求にかかった訴訟費用はどこまで請求できる?
何年も放ってある借金がある場合は?
過払い金の回収を早める方法は?
過払い請求における悪意の受益者とは?
過払い請求に失敗することってあるの?
生活保護でも過払い請求できる?
貸金業者ごとに過払い金の返還割合が違う理由は?
年会費を支払っていると過払い金の時効は進まない?
連帯保証人も過払い請求できることがある?