ゼロ和解って一体どんなもの?

借金の返済中、もしかしたら過払いになっているかも?という淡い期待から、貸金業者に対して自ら取引履歴の開示請求をしてみたところ、貸金業者からこんな電話が入りました。

「債権債務はお互いになしということで、ゼロ和解にしませんか?借金なくなりますよ?」

まだ債務が残っているはずなのに、取引履歴を取り寄せようとしただけでこのような提案をされました。

ゼロ和解って一体どんなもの?

一見、借金がすべてなくなるのであれば、お得にも感じるこの提案ですが、基本的にゼロ和解の提案は承諾してはいけません。

必ず過払い金が発生しています

貸金業者側がゼロ和解を提案するということは、ほぼ確実に過払い金が発生している証拠です。

まだ引き直し計算(過払い金を確認するための計算)もしていないというのに、今残っている借金を支払わなくてもいいなんて、おかしな提案に他なりません。貸金業者側は過払い請求をされたくないので、あたかもメリットがあるかのような提案をし、請求されないように画策しているのです。

ここでゼロ和解をしてしまうと、後から過払い金の回収をするのが少し面倒になります。もし、取引履歴の開示請求前にこのような提案があったとしても、まずは引き直し計算を優先しなければならないことを頭に入れておきましょう。

過払い請求後もゼロ和解を提案される

上記は過払い請求前のゼロ和解の提案ですが、過払い請求後であっても同じような提案をされることもあります。特に、専門家が介入していない状態での過払い請求の場合は注意が必要です。

「過払い請求をされても、当社には返金できる程の余裕がなく、任意の段階では請求に応じることができません。それでも返金をご希望されるのであれば、裁判をしてください。

しかし、個人で過払い請求の裁判をするのはとても大変ですし、専門家に依頼するとなれば、回収できるかもわからないのに報酬を支払わなければなりませんよ?

だったら、いっそのことゼロ和解をしてしまったほうが時間も手間もかからないと思うのですが・・・」

貸金業者側はこのような話術を使い、なんとかゼロ和解での合意を取ろうとしてきます。

いわゆる大手と言われる貸金業者がこのような交渉をしてくることはほとんどありませんが、現在は回収業務しか行っていないような中小の金融業者ともなれば、どうにか過払い請求をされないようにこのような提案をしてきます。

過払い金は正当な権利です

貸金業者側がこのような提案をしてきても、過払い金というのは請求者の正当な権利に違いありません。裁判ともなれば、ほとんどの場合で勝訴判決が出ています。

こうした対応をしてくる貸金業者から過払い金を回収するのはなかなか手間がかかります。

しかし、専門家に対して、回収できるかもわからないのに報酬を支払わなければならない(詳細は「報酬相場」)、なんてことはありませんので、執拗にゼロ和解を提案してくる場合には、迷わず専門家に相談するようにしましょう。

カテゴリー:過払い請求

関連記事
すでに完済していても過払い請求はできる?
取引が長くても過払い請求できないことってあるの?
過払い請求は個人でもできる?
過払い金が戻ってくるまでの流れって?
過払い金を返さない貸金業者なんてあるの?
どの専門家に依頼しても過払い金の回収額は一緒?
移送申立をされたらどう対処すればいい?
一度自分で和解した後でも過払い金請求はできる?
返ってきた過払い金に税金ってかかるの?
過払い請求と他の債務整理手続きは併用できる?
自己破産後でも過払い請求はできる?
亡くなった親の過払い請求はできますか?
過払い金訴訟における地方裁判所と簡易裁判所の違いって?
もう貸金業をしていない元貸金業者への過払い請求はできる?
過払い金訴訟 訴状作成のポイントって?
過払い金の時効はどうにもならないの?
個人再生の依頼後に過払い金が判明したら?
過払い請求にかかった訴訟費用はどこまで請求できる?
何年も放ってある借金がある場合は?
過払い金の回収を早める方法は?
過払い請求における悪意の受益者とは?
過払い請求に失敗することってあるの?
生活保護でも過払い請求できる?
貸金業者ごとに過払い金の返還割合が違う理由は?
年会費を支払っていると過払い金の時効は進まない?
連帯保証人も過払い請求できることがある?