任意整理で注意しておかなければならないことは?

専門家に債務整理を依頼する場合、いくつか注意しておかなければならないことがあります。特に任意整理の場合は、いずれ返済をしていくという点に、特に注意が必要です。

任意整理で注意しておかなければならないことは?

専門家からの受任通知が債権者に送付されることによって、返済の一時ストップや支払い請求の連絡が一切こなくなります。(詳細は「専門家が債権者に出す受任通知の効果って?」)

ここで、借金から解放された感覚になってしまいがちですが、手続きとしてはまだ始まったばかりなので、気を抜いてはいけません。

返済していく基盤作りをしなければならない

任意整理の場合、いくら交渉がうまくいったとしても、借入れ元本分の返済については債権者から強く求められることになります。

まれに、元本までを減額した和解が成立することもありますが、それは自己破産寸前といった経済状況の方に限りますので、あまり期待していてはいけません。

後々の支払いも考えて、専門家の介入によって請求や返済がストップしている間に、しっかりと基盤作りをしなければなりません。場合によっては、求職・転職活動に専念したり、貯金しておくなどして、いずれ始まる返済に備えておくようにしましょう。

専門家がついていても裁判提起は避けられない

専門家がすべての窓口を担当するとはいえ、安心してばかりはいられません。

いくら専門家といえども、債権者の裁判を起こす権利までを侵すことはできません。
あまりにも交渉が長引いてしまったり、和解までに時間がかかったりしていると、痺れを切らした債権者側に裁判を提起されてしまう可能性があります。

裁判所からの通知については、専門家を経由することなく、自分宛てに直接届くことになりますので注意が必要です。こうした事態にならないためにも、返済がストップしている現状に甘えず、なるべく早期に債権者との和解をする努力が必要です。

ただし、和解は生活状況をしっかり確認した上で

任意整理は返済負担を軽減し、少しでも楽な生活を送れるようにするため手続きです。あまりに無理のある和解内容では、手続きを取った意味がまるでなくなってしまいます。

そうならないためにも、和解をするときには生活状況をしっかりと確認し、毎月いくら程度の返済であれば、苦しい生活から脱却できるのかを確認しておくようにしましょう。

専門家に対しても、決して見栄などは張らないようにし、プロの目線から任意整理後の収支状況についても確認してもらうと良いでしょう。

カテゴリー:任意整理

関連記事
任意整理は自分一人でもできる?
任意整理の将来利息カットってなに?
任意整理後に返済が滞ってしまったら?
懈怠約款(けたいやっかん)って一体なに?
自動車ローンを任意整理ってできるの?
債権者から訴状が届いた後でも任意整理できる?
取引期間が短いと任意整理は意味がない?
無職でも任意整理をすることはできる?
任意整理の返済中にお金を借りることはできない?
任意整理でもボーナス払いは利用できる?
任意整理で借金の元金を減額することはできる?
任意整理の返済はいつからスタートするの?
生活保護費で任意整理の返済はできる?
任意整理をすると財産処分されてしまう?
任意整理後はどんな生活になる?
任意整理の返済は最長で何年?
自分で任意整理した後でも専門家に依頼はできる?
任意整理を成功させるコツは?
任意整理の和解契約書を自分で作成するには?
任意整理でよく見る減額報酬とは?お得なの?
任意整理の積立金とは?
任意整理は一括返済も有効って本当?
弁護士には任意整理解決の基準がある?
任意整理は断られることもある?