1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

任意整理は自分一人でもできる?

専門家に任意整理を依頼するとなれば、それなりの費用(詳しくは「報酬相場」)を負担しなければなりません。しかし、自ら任意整理をすることができれば、費用がかかるようなことはありません。

もしそれが可能であれば、節約にもなっていいのではないか?

果たして、専門家に依頼をせずに自ら任意整理をすることはできるのでしょうか?

任意整理は一人でもできます。ただ、専門家に依頼する場合のメリットも把握しておきましょう。

任意整理は自分一人でもできるが・・・

任意整理というのは、裁判所が関係するわけではありませんので、厳密にいえば法的手続きではありません。正しい知識と手順さえ守れば、もちろん自ら行うこともできる手続きです。

しかし、債権者(貸金業者)との交渉では、ある程度の知識がないと、不利な条件を突きつけられたまま和解契約することになってしまいます。どの条件が自分にとって不利なのかわからないためです。

さらに、貸金業者側も素人だと勘繰り、まともに取り合ってくれないこともあります。
任意整理は他の債務整理手続きよりも、法律の知識を求められることはありませんが、それでも右も左もわからない方にとっては、複雑な手続きであることに違いありません。

専門家に依頼するメリットを知ろう

自分一人で任意整理をしようと考える方は、専門家に依頼をした場合の費用が気がかりという方がほとんどです。もちろん費用はかからないに越したことはありませんが、自分で手続きを始めてしまう前に、まずは専門家に依頼した場合のメリットを知っておきましょう。

その上で、費用対効果を検討してみてはいかがでしょうか。

貸金業者からの連絡がこなくなる

専門家に任意整理を依頼した場合、貸金業者への返済はいったんストップすることになり、支払いを促す連絡も自分宛てにはこなくなります
その後、債権調査、収支状況の把握、和解交渉といった具合に手続きが進んでいくことになり、返済開始まではしばらく期間が空くことになります。
この期間は、まったく返済を気にすることなく生活を送ることができます。

貸金業者から連絡がこなくなるというのは、精神的にもかなり気が楽になり、貸金業者との面倒な書面のやり取りをする必要もありません。
これはまさに専門家に依頼をした際のメリットといえるでしょう。

貸金業者への対応を任せられる

任意整理はなんといっても交渉力がモノを言う手続きです。
専門家たちは普段から示談交渉といったものをやり慣れていますので、安心して任せることができます。

個人で交渉をしていると、よくわからないうちに将来利息や遅延損害金のカットもされないまま、和解締結となってしまうことも決してめずらしくはありません。

専門家に依頼をすれば、こちらの収支状況を把握した上で、貸金業者との対応を一切任せられるという安心感があります。

その他、任意整理後の委任関係(詳細は「任意整理後に返済が滞ってしまったら?」)といったものもあり、数多くのメリットがあるといえます。
こうした点も踏まえて、専門家に依頼をするかどうか検討してみましょう。

カテゴリー:任意整理

関連記事
任意整理の将来利息カットってなに?
任意整理後に返済が滞ってしまったら?
懈怠約款(けたいやっかん)って一体なに?
自動車ローンを任意整理ってできるの?
債権者から訴状が届いた後でも任意整理できる?
任意整理で注意しておかなければならないことは?
取引期間が短いと任意整理は意味がない?
無職でも任意整理をすることはできる?
任意整理の返済中にお金を借りることはできない?
任意整理でもボーナス払いは利用できる?
任意整理で借金の元金を減額することはできる?
任意整理の返済はいつからスタートするの?
生活保護費で任意整理の返済はできる?
任意整理をすると財産処分されてしまう?
任意整理後はどんな生活になる?
任意整理の返済は最長で何年?
自分で任意整理した後でも専門家に依頼はできる?
任意整理を成功させるコツは?
任意整理の和解契約書を自分で作成するには?
任意整理でよく見る減額報酬とは?お得なの?
任意整理の積立金とは?
任意整理は一括返済も有効って本当?
弁護士には任意整理解決の基準がある?
任意整理は断られることもある?

借金の無料相談窓口