1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

無職でも任意整理をすることはできる?

想定していなかったリストラ、突然の事故、急な病気など、生活をしていれば突如として収入がなくなってしまうこともあるかもしれません。ここで多重債務がある場合、頭をよぎるのは「自己破産」の4文字なのではないでしょうか。

無色でも任意整理をすることはできる?

収入がないのだから他に取れる手続きはないと考えてしまうのは、一般的には当然のことなのかもしれません。しかし、自己破産をしてしまえば、デメリットがあるため(詳細は「自己破産とは?」)、そう簡単に取れる手続きではありません。

では、その他になにかこの状況を打開する方法はあるのでしょうか?

専門家の協力があれば任意整理が可能

どうしても自己破産を選択することができない場合、任意整理であれば、一時的な無職状態であっても手続きを取ることが可能な場合があります。ただし、これには専門家の協力が必須です。

個人でなんとかしようと思っても、返済が滞ったとなれば、貸金業者側は容赦のない支払い請求を繰り返してきます。無視するにしても、何度も届く請求の郵便に加え、毎日のように電話が鳴っていては、精神的にいいものではありませんので、必ず専門家に相談をしましょう。

一時的に支払い・請求をストップさせることが可能

専門家に債務整理手続きを依頼した場合、貸金業者からの請求や支払いといったものをストップさせることが可能となっています(詳しくは「専門家が債権者に出す受任通知の効果って?」)。これをうまく利用すれば、まったくの無収入であったとしても、一時的に支払いから解放されることになります。

この間に、なんとか収入を安定させる方法を模索し、無事収入を得られるようになれば、そこから任意整理による返済をスタートさせることが可能です。

ただし、収入を得る見込みがない場合、専門家には任意整理ではなく自己破産を勧められる可能性のほうが高いです。専門家に自己破産を勧められた場合は、もう一度よく検討し、自分がどうすべきかを専門家と相談しながら判断するようにしましょう。

親族からの支援が期待できる場合

貸金業者からしてみれば、お金さえ返ってくれば、その出所というのはあまり関係がありません。

自身が無収入状態だったとしても、親族などから支援を受けることができるのであれば、それを返済に回すことによって任意整理手続きを取ることも可能となっています。もちろん、任意整理の手続きをとらずに、そのまま返済をしていくことも可能です。

任意整理を専門家に依頼してしまえば、数年間は新たな借り入れをすることができなくなってしまうため(詳細は「任意整理とは?」)、親族などからの協力を得られる状況であれば、その言葉に甘えてしまったほうが信用情報に傷がつくことはなくなります。

こういった頼りがない場合に、専門家による任意整理手続きを検討しましょう。

カテゴリー:任意整理

関連記事
任意整理は自分一人でもできる?
任意整理の将来利息カットってなに?
任意整理後に返済が滞ってしまったら?
懈怠約款(けたいやっかん)って一体なに?
自動車ローンを任意整理ってできるの?
債権者から訴状が届いた後でも任意整理できる?
任意整理で注意しておかなければならないことは?
取引期間が短いと任意整理は意味がない?
任意整理の返済中にお金を借りることはできない?
任意整理でもボーナス払いは利用できる?
任意整理で借金の元金を減額することはできる?
任意整理の返済はいつからスタートするの?
生活保護費で任意整理の返済はできる?
任意整理をすると財産処分されてしまう?
任意整理後はどんな生活になる?
任意整理の返済は最長で何年?
自分で任意整理した後でも専門家に依頼はできる?
任意整理を成功させるコツは?
任意整理の和解契約書を自分で作成するには?
任意整理でよく見る減額報酬とは?お得なの?
任意整理の積立金とは?
任意整理は一括返済も有効って本当?
弁護士には任意整理解決の基準がある?
任意整理は断られることもある?

借金の無料相談窓口