1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

任意整理後に返済が滞ってしまったら?

任意整理をした結果、貸金業者とは無事に和解契約を結ぶこととなり、返済がスタートすることになりました。

しかし、いざ返済がはじまってみると予想以上に生活が苦しく、またも返済が滞ってしまうことに。こうなってしまった場合、一体どのようになってしまうのでしょうか?

このような任意整理後の不安は、手続き前に解消しておくようにしましょう。

返済が滞った場合は「懈怠約款(けたいやっかん)」を確認します。

返済が滞った場合の貸金業者の対応

返済が滞ったとなれば、もちろん貸金業者側も容赦ない対応をしてきます。

任意整理の場合、ほとんどの和解契約書に「返済が滞った場合の規定」を意味する「懈怠約款(けたいやっかん)」が含まれています。「懈怠約款」には、返済が遅延した場合の対応として、借入金とは別に損害金を請求する旨や、残額を一括返済する旨が通常記載されています。(詳細は「懈怠約款って一体なに?」

貸金業者はこの規定に則って、支払いの請求をしてきます。

場合によっては、裁判を提起してくる可能性もありますので、放っておくのは非常に危険な状態です。(詳細は「支払い督促が届いたらどうすればいい?」

強制執行できる権利である「債務名義」を貸金業者に取得されてしまうと、今度こそ本当に強制執行されてしまう恐れも出てきます。こうなってしまう前に、貸金業者との再度の金額交渉など、必要な手を打っておかなければなりません。

再和解は専門家に依頼するのが無難

一度和解が成立した後の交渉を「再和解」といいますが、実は再和解というのは困難を極めます。

貸金業者からすれば2度目の契約破棄をされたことに変わりありませんので、交渉にも慎重にならざるを得ません。ただでさえ信用を失った状態ですので、個人による交渉では積極的に応じてもらえない可能性が高いです。

しかし、任意整理を専門家に依頼していた場合、再和解であっても貸金業者側もある程度は柔軟な対応をしてくることが多いです。

もちろん専門家の交渉力によるところもありますが、貸金業者側も、自分のことを把握できていない個人よりも、客観的な目線で判断することができる専門家の意見を優先するというわけです。

専門家に依頼をしていれば直接請求はこない

また、任意整理を専門家に依頼していた場合、任意整理後の返済が滞ったとしても、貸金業者から自分のもとへ直接請求がくるようなことはありません。専門家が介入している以上、貸金業者は原則として専門家を通さなければ支払い請求をすることができないのです。

ただし、これは和解契約後も委任関係を継続してくれる専門家の場合のみとなっています。任意整理を専門家に依頼する際は、完済まで委任関係を継続してくれるのかどうかをしっかりと確認しておくようにしましょう。

これによって、任意整理後の不安はだいぶ解消されることになるはずです。

しかしながら、貸金業者が裁判を提起してくるような場合は、直接自分のもとに裁判所からの通知が届きますので、専門家が介入しているとはいえ、支払い遅滞を放置するのだけはやめましょう。

カテゴリー:任意整理

関連記事
任意整理は自分一人でもできる?
任意整理の将来利息カットってなに?
懈怠約款(けたいやっかん)って一体なに?
自動車ローンを任意整理ってできるの?
債権者から訴状が届いた後でも任意整理できる?
任意整理で注意しておかなければならないことは?
取引期間が短いと任意整理は意味がない?
無職でも任意整理をすることはできる?
任意整理の返済中にお金を借りることはできない?
任意整理でもボーナス払いは利用できる?
任意整理で借金の元金を減額することはできる?
任意整理の返済はいつからスタートするの?
生活保護費で任意整理の返済はできる?
任意整理をすると財産処分されてしまう?
任意整理後はどんな生活になる?
任意整理の返済は最長で何年?
自分で任意整理した後でも専門家に依頼はできる?
任意整理を成功させるコツは?
任意整理の和解契約書を自分で作成するには?
任意整理でよく見る減額報酬とは?お得なの?
任意整理の積立金とは?
任意整理は一括返済も有効って本当?
弁護士には任意整理解決の基準がある?
任意整理は断られることもある?

借金の無料相談窓口