懈怠約款(けたいやっかん)って一体なに?

任意整理の最終的な目標というのは、無理のない返済計画を立て、借金を完済することです。

その過程で、貸金業者との和解交渉があり、無理のない範囲で交渉がまとまれば、貸金業者とは「和解契約書」を取り交わすことになります。

この和解契約書には、必ずといってもいいほど「懈怠約款」という条項が付け加えられることになります。あまり聞き慣れない言葉です。
しかし、この懈怠約款を理解していないと、後から損害金や一括での請求を求められることになってしまいます。

「懈怠約款」 難しい言葉ですが、この言葉はしっかり覚えましょう。

懈怠約款の意味を知ろう

この懈怠約款、「けたいやっかん」、あるいは「かいたいやっかん」と読みます。
現在は「けたい」と読むほうが一般的といえます。
懈怠というのは「責務を放置すること」をいい、約款とは「決めごと」のことをいいます。
つまり、懈怠約款とは「返済が滞った場合の規定」のことです。

和解契約によって任意整理による返済が開始したものの、貸金業者側はまた返済が滞ってしまうことも考えています。そうなったときのリスクを懈怠約款によって背負わせているというわけです。

懈怠約款は、貸金業者側に有利な規定であって、こちらにはデメリットしかありません。任意整理では、交渉によって懈怠約款を外すこともできなくはありませんが、これに応じてくれる貸金業者はなかなかいませんので、致し方ない条項であるといえます。

よくある懈怠約款の内容は?

任意整理の和解契約でよく取り交わされる内容は、
「2回以上の返済が滞り、その合計が○○円を超えたとき、当然に期限の利益を失うこととし、その翌日以降から完済に至るまで、年○○%の損害金を付して弁済するものとする」
といったものです。要は、返済金以外に損害金を負担させられるということです。

その他、
「その日時点での残額を一括で支払わなければならない」
といったものもあります。

ここで重要なポイントとなるのが、「2回以上の返済が滞り」という部分です。
これさえ守っていればなにも心配することはありません。任意整理によって貸金業者と和解契約書を交わし、返済が開始した際は、懈怠約款をしっかりと確認し、十分に注意しておくようにしましょう。

2回返済が滞ってしまった場合

しかし、いくら注意をしたとしても、どうしても返済ができない月が続いてしまうことがあるかもしれません。そうなれば、貸金業者から内容どおりの請求をされることになります。

しかし、厳密にいってしまえば、任意整理における和解契約書には法的拘束力がありませんので、懈怠約款を守れなかったからといって、いきなり強制執行などで財産の差押えをされてしまうわけではありません。

そうなったときは貸金業者側と、再度の交渉をしていくことになります。
しかし、二度目の交渉は困難を極め、場合によっては裁判を起こされてしまう可能性もあります。うまくいかない場合は専門家への依頼を検討しましょう。

カテゴリー:任意整理

関連記事
任意整理は自分一人でもできる?
任意整理の将来利息カットってなに?
任意整理後に返済が滞ってしまったら?
自動車ローンを任意整理ってできるの?
債権者から訴状が届いた後でも任意整理できる?
任意整理で注意しておかなければならないことは?
取引期間が短いと任意整理は意味がない?
無職でも任意整理をすることはできる?
任意整理の返済中にお金を借りることはできない?
任意整理でもボーナス払いは利用できる?
任意整理で借金の元金を減額することはできる?
任意整理の返済はいつからスタートするの?
生活保護費で任意整理の返済はできる?
任意整理をすると財産処分されてしまう?
任意整理後はどんな生活になる?
任意整理の返済は最長で何年?
自分で任意整理した後でも専門家に依頼はできる?
任意整理を成功させるコツは?
任意整理の和解契約書を自分で作成するには?
任意整理でよく見る減額報酬とは?お得なの?
任意整理の積立金とは?
任意整理は一括返済も有効って本当?
弁護士には任意整理解決の基準がある?
任意整理は断られることもある?