個人再生認可決定後の流れは?

裁判所での個人再生手続きは、個人再生の認可(不認可)決定が出ることによって、すべて終了することになります。

個人再生認可後の流れは?

認可決定が出た後、1ヶ月の期間が経過することによって、決定は「確定」へと変わります。認可の確定後は、裁判所とのやり取りではなく、債権者に対しての支払いへと移行をし、再生計画に従った返済をしていくことになります。

最初の返済は履行テスト時の貯金を活用する

まだ認可決定前の話となりますが、裁判所の手続き内では、再生計画による返済が本当に可能かどうかを確認するため、履行テストというものが行われます。

履行テストは3ヵ月間行われ、その間、銀行口座などに再生計画による返済予定額を貯蓄することによって、裁判所は履行の可能性を判断します。この際、積み立てられたお金は、なるべく実際の返済がスタートするまで残しておくようにし、最初の返済時に充てるようにしましょう。

日常生活を送っていれば、どうしても急に現金が必要となってしまうこともあるため、履行テスト時の積立金はなるべく使わないように残しておくことも重要です。

認可確定後は振込先の確認を

再生計画による返済は、認可確定の翌月から行われることになります。それまでに債権者に対しては認可確定の事実を通知し、振込先の確認をしておかなければなりません。

専門家に依頼しているのであれば、こういった手続きはすべて代行してもらうことができますが、自ら個人再生の申立をした場合は、こういったこともすべて自分でやることになるので要注意です。

各債権者から振込先の通知が届いたら、それらはすべてまとめておくようにし、実際に始まる返済に備えておくようにしましょう。振込カードなどを作成しておくのも良いかもしれません。

個人再生は返済開始が本当のスタート

個人再生は、特別な事情がある場合に限り、5年間までの延長(詳しくは「3年を超える返済が認められる特別な事情とは?」)が可能となっています。

また、返済がどうしても苦しい場合は、2年間の延長申請(詳しくは「個人再生が途中で継続できなくなったらどうなるの?」)も認められてはいますが、返済は原則として3年間になっています。

この3年間は、新たな借り入れをすることができないため、現金の取り扱いは非常に重要です。ショッピングは現金一括払いが基本となるため、今まで以上に現金の管理には気を使うようにしましょう。

個人再生は、返済開始をもって本当のスタートラインに立ったといえます。いくら裁判所から認可決定をもらっても、返済を継続できなければ住宅を守りきることはできません。裁判所からの認可決定は、手続きの一区切りといえますが、気を緩めずに自己管理はしっかりとするようにしましょう。

カテゴリー:個人再生

関連記事
個人再生は住宅ローンが滞っていても間に合う?
個人再生で住宅が守れる理由って?
個人再生が途中で継続できなくなったらどうなるの?
小規模個人再生と給与所得者等再生の違いって?
アルバイトでも個人再生ってできるの?
個人再生だと生命保険や退職金はどうなるの?
個人再生が不認可となったらどうすればいいの?
個人再生の申し立てにはいくらお金が必要なの?
住宅資金特別条項が利用できないのはどんなとき?
3年を超える返済が認められる特別な事情とは?
給与の差押えがされていても個人再生はできる?
給与所得者再生における可処分所得額の算出方法は?
個人再生における清算価値保障って?
2度目の個人再生はできる?
ペアローンでも個人再生で住宅を守れる?
個人再生委員ってなに?
個人再生で慰謝料や養育費は減額される?