自己破産することに妻が大反対している

(長野市|30代|男性|会社員)
現在、返済がまったく追いついていないため自己破産を検討しています。

返済が追いつかなくなったそもそもの理由は、子どもが産まれ、妻が子育てに専念するため仕事を辞めてしまったのが大きいです。当初はなんとかなると思っていたのですが、ベビー用品に加え、引っ越しも重なって予想以上にお金が必要になってしまい、借金が膨らんでしまいました。

1ヶ月の収入が手取りで23万前後なのに対し、返済額が12万円近くあります。家賃に9万円かかっているため、残ったお金だけではとても生活していける状態ではありません。

私も認識が甘かったと反省しています。やり直せるならやり直したいと考え、自己破産を検討しているのですが、妻が猛反対していて自己破産するなら離婚すると騒いでいます・・・。

妻は自己破産なんて一生の恥だと言い、親族に顔向けもできないし、近所でも噂されると言っているのですが、本当にそうなのでしょうか?私としても妻との離婚は避けたいし、恥になるのであれば他の解決策も模索しようと思っています。

何か良い方法はありませんか?

相談に対する回答

相談者様の奥様のように、自己破産についてあらぬ偏見を持っている方はたくさんいます。

しかし、自己破産はあくまでも個人の清算手続きです。
奥様や親族の方に何かしら影響を与えることはありませんし、近所に知れ渡るような手続きでもありません。

とはいえ、その誤解を解くのは簡単なことではありません。
そこで、自己破産について正しい知識を得てもらうためにも、奥様とそろって専門家に相談しにいくことをおすすめします。

相談者様の現在の生活状況を見る限り、自己破産を避けることはできません。
奥様に自己破産をご理解いただき、協力してもらうためにも、ここは専門家の力を借りてください。

自己破産は多重債務者のための救済措置

自己破産は世間で言われているほど、マイナスに捉えられる手続きではありません。
手続きの中では借入先である貸金業者から反対意見を出すことも可能となっていて、借金の支払い義務を一方的に免れるわけではありません。(まず反対意見が出ることはありませんが。)

また、「破産法」という法律に則った正当な手続きであり、脱法や違法な行為をしているわけでもありません。自己破産は多重債務者のために定められた救済措置なのです。

正しい知識は専門家から得よう

自己破産については書籍やインターネットなどを通じても知識を得ることはできます。
しかし、それを他人に説明し、理解してもらうのは簡単なことではありません。
特に、自己破産に対して強い偏見を持っている方ほど困難を伴います。

しかし、専門家の口から直接説明されると説得力が違います。
専門家は数々の事例を見てきていますし、疑問に対する回答も即座に示すことができるのです。

なぜ自己破産が必要なのか?
自己破産をすればどれだけ生活が改善されるのか?

この答えを専門家から説明されれば、多くの方は自己破産に対するマイナスな考え方は変わります。

自己破産は個人の手続きとはいえ、ご家族の協力があるに越したことはありません。
まずは専門家に協力してもらい、奥様に考え方を改めてもらうところからはじめましょう。

※ プライバシー保護のため、相談の核心部分のみ残して、内容を再構築しています。
※ 希望地域に専門家がいない場合は近隣地域からサポートしております。