住宅ローンの返済が滞るが自宅を手放したくない

(青森市|40代|男性|会社員)
私は20代の頃に結婚し、30代前半で長男が、30代後半で次男が産まれました。
そして、当時住んでいたアパートでは手狭になったため、住宅ローンを組み土地付き戸建てを購入しました。

その後、数年間はスムーズに返済していたのですが、ボーナスのカットがきっかけで生活はどんどん苦しくなっていきました。妻も働きに出られれば良いのですが、まだ次男が小さいためパートに出ることもできません。

これまで、生活費の不足は貸金業者からの借入でなんとかまかなっていたのですが、借金は400万円近くになり、それも限界です。
毎月の返済額は8万円を超え、住宅ローンと合わせたら20万円以上の支払いになっています。 このままでは住宅ローンまで滞ってしまいそうです。

もはや自己破産するしかないのでしょうか?
都合が良いことを言っているようですが、せっかく購入した自宅を手放したくありません。

相談に対する回答

相談者様の場合、ボーナスがカットされたとはいえ、現在も定期的な収入があります。
定期的な収入があり、かつ自宅を守りたいのであれば、自己破産ではなく個人再生を利用しましょう。個人再生であれば自宅を守りながら借金整理が可能です。

住宅ローンは継続して支払うことになりますが、個人再生の利用で貸金業者への返済負担を大幅に軽減できます。また、それでも住宅ローンの支払いが苦しいのであれば、住宅ローンをリスケジュールするという方法もあります。

確かに、自己破産をすれば自宅を手放すことになります。
しかし、まだ個人再生という選択肢が残されている以上、自宅をあきらめることはありません。

個人再生で返済負担を大幅に軽減

個人再生には2種類の手続きがあります。
今回は、相談者様の現状の借金400万円に対して、個人再生の1つである小規模個人再生を利用した場合について説明します。

小規模個人再生とは、住宅ローンを除く借金が5000万円未満で、継続的収入がある場合に利用できる手続きで、返済の最低額を100万円とし、借金を5分の1にまで減額できます。
つまり、借金が400万円ある状態で小規模個人再生を利用すると、返済額は100万円に減額されます。通常、この100万円を3年間で返済していくため、1ヶ月の返済額は約2万7千円です。

住宅ローンのリスケジュールとは?

なお、すでに住宅ローンが滞っている、または滞りそうにある場合、住宅ローン債権者と交渉し、毎月の返済スケジュールを見直すことも可能です。
こちらは個人再生の手続きの一環ではありませんが、個人再生を利用しても返済が苦難と予想される場合、手続きの準備として行うことがあります。

しかし、住宅ローンは抵当権がついていたり、連帯保証人がついていたりと権利関係が複雑なため、簡単にはリスケジュールに応じてくれない可能性があります。

リスケジュールの交渉は専門家に

そこで、リスケジュールを検討している場合は、交渉術に長けている専門家に介入してもらうことを検討しましょう。リスケジュールは、個人再生を前提に交渉するため、住宅ローン債権者からすると返済が滞るのでは?といった不安があります。

そのため、個人で交渉するのは難しいですが、専門家が介入し、返済が実現可能であると説明すれば、住宅ローン債権者も安心し、交渉がスムーズに進む可能性が十分にあります。

※ プライバシー保護のため、相談の核心部分のみ残して、内容を再構築しています。
※ 希望地域に専門家がいない場合は近隣地域からサポートしております。