車や生命保険を守りながら、債務整理できる?

(岐阜市|40代|女性|主婦(パートタイム))
今回ご相談したいのは、私のことではなく主人の借金についてです。

お恥ずかしい話ですが、主人はとても見栄っ張りな性格で、
会社の方と食事にいっても、すぐに自分でお金を出してしまいます。

会社での立場もあるため、多少の見栄も必要かな?と思い、
節約しながら乗り切ってきたのですが、ついには子どもにまで見栄を張ってしまったのです。

うちの子は今年から大学に通っているのですが、
受験に失敗して学費の高い私立大学になってしまいました。

子どもは学費を心配し、奨学金でも良いと言ってくれたのですが、
主人は「お金のことは心配するな」と見栄を張り、
私の知らない間にすべてキャッシングで賄ってしまったのです。

現在の借金総額は500万円を超え、とても返済していける金額ではありません。
自己破産も検討しているのですが、長い期間ローンを支払ってきた車や積み立ててきた生命保険もあります。

こうした財産だけはなんとか守りたいのですが、なにか良い方法はないでしょうか?

相談に対する回答

相談者様のご主人の場合、債務整理の中でも個人再生がもっとも適正です。

自己破産してしまっては、時価で20万円以上の財産(自動車など)、生命保険などは解約させられ、返戻金も回収されてしまいます。

しかし、個人再生であれば財産を守れるのです。

現在の借金総額は500万円とのことなので、個人再生はこの金額の5分の1にあたる100万円を3~5年間で返済していける資力があれば手続きを取ることができます。

パート収入のある相談者様と会社勤めをしているご主人であれば、十分返済可能な金額です。

個人再生というと住宅を守れる点ばかり注目されていますが、実は住宅以外の財産を守れるという意味でも非常に有益な手続きとなっています。

個人再生と自己破産の大きな違い

個人再生は自己破産と違って、借金の返済自体は継続する手続きです。

ただ、すべての借金を返済するわけではなく、一部を裁判所に免除してもらうことにより返済負担が軽減されます。
この一部免除は、手続きによっては貸金業者から意見を求める機会も設けられているため、言い換えれば、一部免除への同意のうえで返済負担を軽減してもらっているのです。

よって、保有する財産の回収まで求められることはなく、自己破産では回収の対象となる時価で20万円以上の財産であっても、そのままの保有が認められています。

保有財産が多すぎる場合は返済額の増加も

ただし、保有財産が多すぎる場合は、返済額が増加されます。

個人再生では個人が自由に清算(処分)できる財産の価値を「清算価値」といい、この清算価値が借金総額の5分の1を上回る場合は、その金額を返済していかねばなりません。

今回の事例でいえば、清算価値が借金総額500万円の5分の1にあたる100万円以上の場合です。たとえば、自動車の時価が30万円、生命保険の現時点での解約返戻金が100万円となれば、130万円を3~5年間で返済していくことになります。

とはいえ、返済負担が軽減されるのは間違いないため、個人再生によって今より楽な生活を手に入れられるはずです。

※ プライバシー保護のため、相談の核心部分のみ残して、内容を再構築しています。
※ 希望地域に専門家がいない場合は近隣地域からサポートしております。