弁護士に依頼せず自分で任意整理したが…

(大津市|30代|男性|警備員)
私は零細企業の警備員なのですが、給料が少なく、生活費が不足するたびに貸金業者から借金していました。ところが、気付けば借入限度額に達していました。

これ以上の返済は無理と判断し、本当は自己破産したかったのですが、弁護士に相談してみると、警備員では自己破産すると職を失うと言われたため、任意整理することにしました。

この際、弁護士さんの費用を節約したかったため、依頼せずに自分で任意整理を行っています。
貸金業者も親切に対応してくれたため、和解契約書も自分で作成しました。

しかし、実際に返済が開始すると、今までと変わらない生活が待っていました。
数ヶ月は返済したのですが、とても生活していける状況ではありません。

そこで、もう一度任意整理したいのですが、一度交わした和解契約を無効にし、再度の交渉を行うことなど出来るのでしょうか?できるのであれば失敗しないコツも知りたいです。

相談に対する回答

相談者様の場合、貸金業者との交渉時、不利な条件にて和解させられた可能性があります。
個人で任意整理する場合、一見すると貸金業者は親身に接してくれているように見えますが、結局は自分たちが有利になるよう誘導しているに過ぎません。

1ヶ月の収入と返済に回せる原資を把握したうえで、貸金業者ではなく、自らが返済額を決めていかないと、任意整理しても生活状況が変わらない結果を招いてしまいます。

とはいえ、任意整理は何度もやり直しが効く手続きなので、再度の交渉を行うことも可能です。
これを「再和解」と言って、実務でも多く取られている方法なのでご安心ください。

任意整理に失敗しないためには

再度の交渉は可能ですが、また貸金業者にいいようにされてしまっては意味がありません。

そこで、今度は失敗しないよう専門家への依頼をおすすめします。
専門家であれば、相談者様の生活状況を見極め、適正な金額で和解できるよう貸金業者と交渉してくれます。

確かに専門家への費用はネックになりますが、この支払いも踏まえた上で返済計画を立てるため、最終的には専門家に依頼したほうが負担の少ない生活を手に入れられる可能性が高いです。

任意整理に失敗しないために、専門家の力を役立ててください。

専門家には何事も正直に話そう

次に、そもそもなぜ任意整理に失敗してしまったでしょう?

挙げられる理由は、1ヶ月の収支を把握できていなかったというのが大半です。
よって、専門家に相談する際は必ず正確な情報を伝えてください。

見栄を張って収入を多く申告してしまったり、実際には無理な金額を返済できると言ってしまったりといったことがないように注意しましょう。これではせっかく専門家が介入しても、また同じ結果を招くことになってしまいます。

専門家に何事も正直に話していれば、無理のない範囲で貸金業者との交渉をまとめてくれるので、嘘だけはつかないようにしましょう。

※ プライバシー保護のため、相談の核心部分のみ残して、内容を再構築しています。
※ 希望地域に専門家がいない場合は近隣地域からサポートしております。