結婚前の借金。夫に内緒で任意整理したい。

(松江市|30代|女性|主婦(パート))
私には結婚前に作った借金があり、結婚後も自身の収入から返済し続けています。

現在、残っている借金は100万円ほどなのですが、最近になって妊娠していることがわかったため、夫に仕事を辞めるように言われています。

しかし、夫に借金のことは話していませんし、もちろん今後も話したくありません。

そこで、夫から渡される生活費の中で節約して返済していこうと思っているのですが、こういった場合でも任意整理できるのでしょうか?

仮に任意整理できたとしても、その後の生活がどうなっていくか不安で仕方ありません。
任意整理した場合、夫にバレてしまったり、生活していく上でなにか不都合が生じたりはするのでしょうか?

相談に対する回答

法的には結婚前であろうと結婚後であろうと、借金の返済義務は借入名義人にあります。

相談者様の場合、本来は夫婦協力して返済するに越したことはありませんが、借入名義人の収入で返済しなければならない決まりはないため、旦那様から渡される生活費を使って返済する分には問題ありませんし、任意整理の弊害にもなりません。

また、専門家を介すれば旦那様に見つからずに手続きを進めることも可能です。

相談者様は任意整理後の生活に不安を感じているようですが、現実には心配するほど影響はありません。それどころか返済負担が軽減され、パート収入がなくなっても返済できる可能性が強いです。100万円の借金であれば、3年返済で約2万8千円、5年返済で約1万7千円となります。

任意整理は生活にほとんど影響しない

任意整理は数ある債務整理手続きの中で、もっとも日常生活に影響しない手続きです。

自己破産のように職業や資格を制限されたり、一定以上の財産が債権者への配当に充てられたりすることもありませんし、官報に名前や住所が掲載されることもありません。

唯一、生活に影響を与えるとしたらマイナスの個人情報が登録されてしまい、新たな借入が困難になってしまう点です。

とはいえ、この情報はいつまでも残るわけではなく、任意整理の場合、一般に完済から5年程度で末梢されます。この期間さえ経過すれば、ローンを組んだりクレジットカードを作成したりも可能になるのでご安心ください。

専門家が介入すれば家族に内緒で進められる

どうしても家族に任意整理を知られたくない場合、専門家に事情を伝え、内密に手続きを進めてもらってください。

連絡を取る場合はすべて相談者様の携帯電話を経由し、書面のやり取りは郵送では行わずに手渡しし、どうしても郵送が必要な場合も専門家の事務所名などが出ない白紙の封筒を利用してもらうなど、家族に知られずに手続きを進めることは十分可能です。

また、専門家は業務上知り得た情報を依頼者からの承諾なく他社に漏らすことはできないため、なにかをきっかけに事務所に電話されてしまっても、知られる心配はまずありません。

こうしたことからも、任意整理は専門家に協力してもらい不安なく手続きを進めてください。

※ プライバシー保護のため、相談の核心部分のみ残して、内容を再構築しています。
※ 希望地域に専門家がいない場合は近隣地域からサポートしております。