1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

支払督促が裁判所から届いた。どうすればいい?

(山口市|20代|男性|無職)
私は今までギャンブルで多額の借金を作ってきました。
アルバイトしながら返済してきたのですが、いくら働いても返済に追われ続け、少しずつ働くのすら嫌になってしまい、親に借金のことは黙って返済もせず実家で過ごしてきました。

その後、借金を滞納しすぎたのか、ついに裁判所から支払い督促という通知が届いてしまい、今まで隠していた借金が親にバレてしまったのです。

親からは債務整理するように促され、借金の一部を立て替えても構わないと言われました。
私としても、親と話し合いをした結果、もう一度、返済を頑張ってみようと思っています。

しかし、すでに支払い督促もされていますし、今さら返済するといっても間に合わないのでは?と心配になっています。また、親が一部立て替えてくれるとはいえ、現在の私は無職です。
こんな状態で消費者金融に信用してもらうことはできるのでしょうか?

相談に対する回答

消費者金融が裁判所を経由して行う支払い督促には、滞納を回収する目的や脅しの意味もあるのですが、連絡のつかない債務者に対して返済の意思を問う目的もあります。

多くの消費者金融は、債務者から返済の意思表示さえあれば、支払い督促は取り下げても構わないと考えています。

ただし、返済するといっても今までの滞納を考えれば信用してもらえない可能性があるため、こういった場合は専門家に介入してもらいましょう。
消費者金融は専門家の介入により、専門家を介していつでも債務者と連絡が取れる安心感を得られるだけでなく、無理のない返済案を提示してくれると、ある種の期待を持ちます。

つまり、専門家の介入によって支払い督促の取り下げだけでなく、無理のない範囲での返済に応じてもらえる可能性も高くなるということです。

無職でも任意整理は可能

相談者様は無職を気にされているようですが、たとえ無職であっても援助者がいれば任意整理は可能です。消費者金融の立場からすれば、返済さえ滞らなければ問題はありません。

しかし、無職の場合は任意整理ではなく、自己破産という選択肢もあるため、それぞれのメリットとデメリットを考慮しながら自身に合った手続きを選びましょう。

ただし、どの手続きが自身に合っているかは第三者の目線と、専門知識が必要になるため、専門家に相談しながら判断してもらうのがもっとも良い方法です。

債務整理しない選択肢もある

任意整理や自己破産といった債務整理手続きを専門家に依頼した場合、個人信用情報に傷がつき、数年間は新たな借入が困難になります。親族からの援助が受けられるのであれば、債務整理しない選択肢もあることを覚えておきましょう。

どの程度の援助が受けられるのかにもよりますが、一括である程度返済できるのであれば、消費者金融側も支払い督促の取り下げに応じてくれる可能性は高いです。
この場合、当然、個人信用情報に傷はつきません。

ご両親とも相談しながら手続きを進めていきましょう。

借金の無料相談窓口

※ プライバシー保護のため、相談の核心部分のみ残して、内容を再構築しています。
※ 希望地域に専門家がいない場合は近隣地域からサポートしております。