連帯保証人に迷惑をかけずに債務整理したい

(松山市|男性代|男性|自営業)
私は数年ほど前に脱サラし、ずっと昔からやりたかった料理店を営むことにしました。
この際、私の貯金が少なかったため、妻の父に借金の連帯保証人になってもらい、銀行から300万円ほど融資を受けました。その他にも、消費者金融数社から数十万ずつ借入をし、お店の立ち上げと、経営が安定するまでの生活費として捻出しました。

その後、しばらくは返済し続けていたのですが、なかなかお店は繁盛せず、気付けば返済苦に陥ってしまいました。現在は空いた時間にアルバイトをし、無理やり返済を間に合わせているのですが、先日、腰を悪くしてしまい、このままでは身体が持ちそうにありません。

そこで、債務整理を検討しているのですが、連帯保証人である妻の父にだけはどうしても迷惑をかけたくありません。なにか良い方法はないでしょうか?

相談に対する回答

債務整理には、自己破産・個人再生・任意整理・特定調停といった手続きがあるのですが、連帯保証人に迷惑をかけたくないのであれば、任意整理か特定調停を利用します。

自己破産や個人再生という手続きは、裁判所を介して進めていくことになるのですが、すべての債権者に対して平等に接する必要があり、連帯保証債務だけを特別扱いできないのです。
もし、この2つの手続きを利用した場合、連帯保証人に一括請求される危険があります。

しかし、任意整理や特定調停であれば、連帯保証債務は従来通りの支払いを継続し、他の債務についてのみ、支払い負担が軽減されます。無理のない範囲で返済できるよう、各債権者と交渉していく必要はありますが、それらはすべて専門家に任せてしまえば心配ありません。

特定調停よりも任意整理を

連帯保証人に迷惑かけずに債務整理するのであれば、任意整理か特定調停しかありませんが、利用するのであれば専門家に依頼する任意整理をおすすめします。

特定調停という手続きは、基本的には専門家に依頼せずに自ら進めていくことにより、費用負担が軽減されるのですが、平日の昼間に裁判所に足を運ばないといけなかったり、債権者への返済額の調整を自ら行わなければならなかったりと、どうしても手間暇がかかってしまいます。

しかし、任意整理であれば、わざわざ裁判所に足を運ぶ必要はありませんし、債権者との金額調整や交渉もすべて専門家が行ってくれます。現在の収支状況を把握し、プロの目線から無理のない範囲で返済できるよう調整してくれるので不安も軽減されます。

専門家への費用も考慮して返済計画を立てる

専門家に手続きを依頼する場合、どうしても気になるのが専門家へ支払う費用です。

しかし、実際にはそれほど不安に感じることはありません。
任意整理するということは、お金に困っていると専門家はわかっています。
よって、返済計画はこうした費用も考慮した上で、立てられるのが実務上の取り扱いです。

もちろんその分だけ債権者への支払いが減ることになりますが、専門家は交渉にも長けているため、個人で行うよりも和解の可能性が格段に高くなります。

任意整理をうまく利用し、連帯保証人に迷惑をかけずに借金を整理しましょう。

※ プライバシー保護のため、相談の核心部分のみ残して、内容を再構築しています。
※ 希望地域に専門家がいない場合は近隣地域からサポートしております。