債務整理を依頼すると銀行引落は止まる?

(別府市|女性代|40代|パートタイム)
私は30代前半で結婚し、昨年まで専業主婦をしていたのですが、夫との確執が原因で現在は離婚しています。離婚後は、パートをしながら子育てとの両立を図っていたのですが、生活に余裕がなく、ついつい借入に頼る生活が常習化し、借金は200万円ほどに膨れてしまいました。

そこで、私の収入では今後の返済は苦しいと感じたため、弁護士さんに債務整理を依頼しました。 その際、弁護士さんにすべての返済をストップして良いと言われ安心していたのですが、先日、預金通帳を見ると、いつものように銀行引き落としでショッピングローンの支払いがされていました。

すべての返済はストップすると聞いていたのですが、これはどういうことでしょうか?
弁護士さんでも銀行引き落としを止めることはできないということですか?

相談に対する回答

専門家に債務整理を依頼すると、各債権者に「受任通知」という書面が発送されます。
この受任通知を受け取った貸金業者は、債務者本人に直接の連絡ができなくなります。

さらに、通知が届いたその日から請求もこなくなり、すべての返済もストップするのですが、返済が銀行引き落としで行われていた場合、債権者側の停止手続きが間に合わないことがあります。

相談者様のように、専門家の受任後に引き落とされてしまうことがあるのです。
これを防ぐには、事前に銀行口座を空っぽにしておくしかありません。

しかし、たとえ引き落とされてしまっても、ほとんどの場合で数ヵ月後には返金されるのでご安心ください。専門家受任後の引き落とし分が返済に充当されることは原則ありません。

すべての銀行口座は空っぽにしておく

債務整理する場合、どの手続きであっても銀行口座はなるべく空っぽにしましょう。
光熱費や水道代といった生活に直接関わる支払いがある場合は、その都度、こまめに入金するようにし、残高がある状態が続くのは可能な限り避けてください。一番理想的なのは、支払い方法を銀行引き落としから振込やコンビニ払いに変えてもらうことです。

現金は銀行口座で管理しないように

銀行口座を空っぽにしておく理由は、実は引き落とし対策だけではありません。
銀行口座はそのままにしておくと、差押えの対象になる危険があるのです。

というのも、専門家に債務整理を依頼しても、債権者の裁判を起こす権利までさえぎることはできません。債務整理手続きが遅滞すれば、痺れを切らした債権者に裁判を起こされ、最悪の場合、銀行口座を差し押さえられてしまいます。これを避けるためにも、現金を銀行口座で管理するのだけは避けましょう。

※ プライバシー保護のため、相談の核心部分のみ残して、内容を再構築しています。
※ 希望地域に専門家がいない場合は近隣地域からサポートしております。