子どもの借金は親が肩代わりすべき?

(延岡市|50代|女性|主婦)
今回ご相談したいのは子どもの借金のことです。

昨日、子どもに借金を代わりに返済してほしいと言われました。
私自身、借金を抱えているなど相談されるまで知る由もなく、子どもには悪かったと感じていますが、いきなり300万円も貸してほしいと言われても、うちにはそんなお金ありません。

しかし、子どもが作った借金は親が返さなければならないと感じ、自宅を担保に銀行でお金を借りようかと考えています。ただ、夫が自分のことは自分でやらせろと、ひどく反対していて八方ふさがりです。

こういった場合はどうすれば良いのでしょうか?夫に黙って借入するしかありませんか?

このまま放っておけば、いずれ貸金業者から請求が来るのでは?と不安で仕方ありません。

相談に対する回答

親であればいくつになっても子どもの面倒を見てあげたいと感じるものです。

しかし、今回の場合、法的にはご主人がおっしゃっていることが正しいです。
というのも、借金はあくまで借入名義人であるお子さんのものであり、たとえ親子関係があっても返済義務が勝手に移動することはありません。

親が代わりに返済すること自体に問題はありませんが、「返さなければならない」というのは間違いです。お金に余裕がないのであれば、自宅を担保に入れてまで借入するのではなく、債務整理手続きを勧めてあげてください。

親子でも返済義務は共有しない

借金は貸金業者と借入者との契約により成り立っています。
よって、連帯保証人にでもなっていない限り、たとえ親子であっても返済義務を共有することはありません。

もちろん貸金業者から請求がくることもないのでご安心ください。
もし、子どもの借金を理由に貸金業者から請求がきた場合は、ヤミ金業者の可能性が出てきます。

こういった場合、債務整理手続きではなく、専門家によるヤミ金業者対策が必要です。
ヤミ金撲滅を掲げている専門家の事務所に相談しましょう。

借金問題は債務整理で解決

借金問題を親に解決してもらうというのも選択肢として間違っているわけではありませんが、本当の意味で解決するのであれば債務整理が良いです。

というのも、親に立て替えてもらい返済しただけでは、またすぐに新たな借り入れができる状態といえます。一度は反省しても、借金癖はなかなか抜けず、借りられる状態であればつい繰り返してしまいます。

しかし、債務整理を利用した場合、事故情報が信用情報機関に登録される関係で、数年間は新たな借り入れが困難になります。いくら借金癖があったとしても、そもそも借金できなければ負債が積もることもありません。

ただし、子ども自身が手続きを取らなければならないため、親に出来ることは債務整理を勧めてあげることです。専門家のもとに一緒に足を運ぶなどして、サポートしてあげましょう。

※ プライバシー保護のため、相談の核心部分のみ残して、内容を再構築しています。
※ 希望地域に専門家がいない場合は近隣地域からサポートしております。