1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

過払い金とは?

最近は本当によく耳にするようになった「過払い金請求」という言葉。

どういうものかというと、利息に関する法律の改正によって、過去に払いすぎてしまった利息が手元に戻ってくるというものです。

請求をする上で、発生する仕組みまでを深く理解する必要はありませんが、自分に過払い金が発生しているのかどうかは、早急に知っておかなければなりません。

というのも、実は過払い金請求には最後の取引から10年間という時効(法律上請求できなくなってしまう期間)が設定されているのです。

まだ取引が継続中の方は心配ありませんが、すでに完済をしている方は自身に過払い金が発生しているのかを知ることがスタートラインです。

過払い金とは?

過払い金が発生している条件

過払い金が発生するようになったのは、平成18年1月にあった裁判がきっかけとなっています。

この当時、貸金業者のほとんどが貸付の際に採用していた「出資法」の利息は、上限を29.2%とするものでした。

しかし、その他に利息を制限する「利息制限法」という法律もあり、こちらは20%を上限としていました。この食い違いによる利息の差は「グレーゾーン金利」と呼ばれるようになり、次第に世間から問題視されるようになっていったのです。

この問題を決着する裁判が、平成18年にあった過払い金請求の裁判です。この裁判によって初めて過払い金が認められ、貸金業者はこぞって金利を下げることになりました。

また、出資法自体も平成22年に改正されることとなり、グレーゾーン金利は完全に廃止されることになったのです。

つまり、過払い金が発生している条件は、平成18~22年より以前に貸金業者との取引があったことが必須とされています。こちらに該当している方は、過払い金とまではいかなくても借金が減額される可能性もありますので、必ず確認をするようにしましょう。

過払い請求のメリット

過払い請求の唯一にして最大のメリットは、払いすぎた利息が手元に戻ってくることです。過払い金というものは、貸金業者との取引期間が長ければ長いほど多くの金額が発生していることになります。

過払い金が発生する期間の目安としては、貸金業者との5年以上の取引です。取引期間が6~7年以上で過払い金が10~30万円以上、10年間を超えると100万円を超える過払い金が発生していることもあります。

過払い請求のデメリット

過払い請求のデメリットは、過払い請求の対象となった貸金業者からの借入が二度とできなくなってしまう可能性があることくらいで、基本的にその他の心配はいりません。

以前までは、過払い請求のデメリットとして信用情報機関への事故情報の登録が懸念されていました。過払い請求をすることによって、いわゆるブラックリスト入りをしてしまっていたのです。

これがデメリットとなってしまい、なかなか過払い請求に踏み切れなかった方も数多くいました。

しかし、こうした運用が問題視されるようになり、現在は過払い請求でブラックリストに名前が載ってしまう運用は改められています。安心して過払い請求をすることができるようになったのです。

過払い請求の具体事例

過払い請求を活用して借金問題を解決した具体例をご紹介します。

過払い金の具体事例(その1)
過払い金の具体事例(その2)

よくある相談

すでに完済していても過払い請求はできる?
取引が長くても過払い請求できないことってあるの?
過払い請求は個人でもできる?
過払い金が戻ってくるまでの流れって?
過払い金を返さない貸金業者なんてあるの?
ゼロ和解って一体どんなもの?
どの専門家に依頼しても過払い金の回収額は一緒?
移送申立をされたらどう対処すればいい?
一度自分で和解した後でも過払い金請求はできる?
返ってきた過払い金に税金ってかかるの?
過払い請求と他の債務整理手続きは併用できる?
自己破産後でも過払い請求はできる?
亡くなった親の過払い請求はできますか?
過払い金訴訟における地方裁判所と簡易裁判所の違いって?
もう貸金業をしていない元貸金業者への過払い請求はできる?
過払い金訴訟 訴状作成のポイントって?
過払い金の時効はどうにもならないの?
個人再生の依頼後に過払い金が判明したら?
過払い請求にかかった訴訟費用はどこまで請求できる?
何年も放ってある借金がある場合は?
過払い金の回収を早める方法は?
過払い請求における悪意の受益者とは?
過払い請求に失敗することってあるの?
生活保護でも過払い請求できる?
貸金業者ごとに過払い金の返還割合が違う理由は?
年会費を支払っていると過払い金の時効は進まない?
連帯保証人も過払い請求できることがある?

無料相談窓口