1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

任意売却とは?

任意売却というものは、裁判所による住宅の「競売」を阻止する1つの方法です。

競売というのは、住宅ローンが支払えなくなってしまった方に対して、住宅ローンの保証会社が裁判所に競売申立をし、強制的に家を売りに出してしまう手続きのことをいいます。

競売手続きが進み、落札者が決まってしまうと、次の住まいが決まらないまま家を出ていかなければなりませんし、売却代金で不足した残りの借金は、そのまま自身の借金として残ってしまうことになるのです。

任意売却とは?

競売を回避する1つの手段が任意売却

競売になる前、または競売開始の決定が出てしまってからであっても、落札者が出る前であれば、住宅ローン債権者と話し合いをすることによって、自身の意思で売却できるのが任意売却です。

競売が裁判所によって強制的に処分されてしまうのとは違い、住宅所有者の任意で売却手続きができるため、任意売却と呼ばれています。

最終的には借金が残ってしまうことがほとんどといえますが、交渉次第では引っ越し費用を売却代金の中から捻出することも可能となっているため、帰る家がなく路頭にさまよってしまうといった心配がほとんどありません。

任意売却は交渉が重要

任意売却はなんといっても交渉が重要となる手続きです。上記のように、任意売却をすることによって、裁判所による競売手続きを回避できますし、交渉次第では次の住居に困るような心配もなくなります。

また、通常の競売で落札される価格よりも、高い値段で売却をすることが可能となるため、その後の借金返済への負担がかなり軽減されることになります。

さらに、うまく住宅ローン債権者と交渉することによって、生活を立て直すための資金を手元に残しておいてもらえる場合もあります。

このようになにをするにも交渉が重要となってきますが、手元になにも残すことができない競売手続きと比べると、はるかに有益な手続きといえます。

競売にメリットはまったくない

任意売却がされない場合、自宅は競売にかけられてしまうことになります。

しかし、競売にはまったくといっていいほどメリットがありません。強いて挙げるとしたら、落札者が決まるまでの間はそのまま自宅に住んでいられるくらいです。最長で1年ほど住んでいられる可能性もありますが、落札者が決まってしまえばそれまでです。

この間にコツコツ貯金をするというのも一つの方法ではありますが、いつ落札されるかわからないうえに、落札者が決まれば即座に強制退去となってしまう可能性が十分にあります。

せっかく自分で返済を頑張ろうと手に入れたマイホームなので、できれば最後は自分の意思で売却できたほうが、心残りも少なくなるのではないでしょうか。

任意売却の具体事例

任意売却を活用して借金問題を解決した具体例をご紹介します。

任意売却の具体事例(その1)
任意売却の具体事例(その2)

よくある相談

任意売却のメリット・デメリット
任意売却のおおまかな流れ
任意売却成功への5つの秘訣
住宅ローンを滞納すると・・・
任意売却における資金配分
自己破産の前に任意売却をすると?
任意売却した場合の個人情報の取り扱いは?
任意売却前にしてはいけないことは?
任意売却後の残債はどうすれば良い?
任意売却は連帯保証人がいてもできる?

無料相談窓口