1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

個人再生とは?

個人再生とは、裁判所から認可をもらうことによって借金の返済額を圧縮し、個人の経済的再生を図る手続きをいいます。

法律で定められた返済計画にのっとり、最低額以上の返済(最低返済額は100万円)を3年間継続することになるのですが、条件を満たすことによって自宅を保持したまま手続きを進めることも可能です。

個人再生とは?

債務整理の中でも、特別な事情がある場合に利用されることが多い手続きです。

個人再生を利用する条件

個人再生を利用するためには、「支払い不能の見込み」が条件となっています。その他、「住宅ローンを除く債務額が5000万円以下であること」、最低額以上の返済を3年間継続しなければならないため、「継続的収入があること」が必須条件となっています。

個人再生は2つの手続きに分類されていて、上記の条件を満たしている場合には「小規模個人再生手続き」を利用することが可能です。

また、上記の条件プラス「2年以上の安定した収入がある場合」は、「給与所得者等再生手続き」を利用することができます。

この2つは、事情に応じてどちらが適正となるかが変わりますので、それぞれの状況にあわせた手続きが取られることになります。

個人再生のメリット

1. 自宅を守ることができる
現在支払いをしている住宅ローンを手続きの対象から外すことができます。自己破産であれば財産として清算されてしまう自宅も、個人再生であれば守ることが可能となっています。

住宅ローン以外の債務を圧縮することができますので、今まで苦しかった返済も楽になり、住宅を保持したまま返済を継続することができるというわけです。

2. 免責不許可事由がない
個人再生には、自己破産の際に問題となることがある免責不許可事由(免責が認められない場合)がありません。自己破産では免責の見込みがない方(ギャンブルといった浪費など)でも、個人再生であれば手続きを取ることが可能となっています。

つまり、借金を増大させてしまった事情に関係なく、返済額を圧縮することができるのです。

個人再生のデメリット

1. 新たな借入が困難になってしまう
個人再生の手続きが開始されると、信用情報機関に事故情報として登録されることになりますので、5~7年間程は新たな借入が困難になってしまいます。

個人再生に限らず、債務整理手続きを取るのであれば、こちらのデメリットは避けられませんので、自身に本当に必要な手続きなのかをしっかり検討することを忘れてはいけません。

2. 官報に名前が掲載されてしまう
自己破産と同様、個人再生であっても官報に名前が掲載されてしまいます。とはいえ、官報は一般の人がいちいち購読するようなものではありませんので、自身の周りに対する影響はほとんどないと思っていて間違いありません。

3. 手続きが非常に煩雑である
個人再生は債務整理の中で最も煩雑な手続きとなっていますので、専門家の力がないと最後までやり遂げるのは難しいかもしれません。専門家に依頼をするとなると、どうしても費用が嵩んでしまいますので、その点もデメリットとして挙げられます。

個人再生の具体事例

個人再生を活用して借金問題を解決した具体例をご紹介します。

個人再生の具体事例(その1)
個人再生の具体事例(その2)

よくある相談

個人再生は住宅ローンが滞っていても間に合う?
個人再生で住宅が守れる理由って?
個人再生が途中で継続できなくなったらどうなるの?
小規模個人再生と給与所得者等再生の違いって?
アルバイトでも個人再生ってできるの?
個人再生だと生命保険や退職金はどうなるの?
個人再生が不認可となったらどうすればいいの?
個人再生の申し立てにはいくらお金が必要なの?
住宅資金特別条項が利用できないのはどんなとき?
3年を超える返済が認められる特別な事情とは?
給与の差押えがされていても個人再生はできる?
給与所得者再生における可処分所得額の算出方法は?
個人再生認可決定後の流れは?
個人再生における清算価値保障って?
2度目の個人再生はできる?
ペアローンでも個人再生で住宅を守れる?
個人再生委員ってなに?
個人再生で慰謝料や養育費は減額される?

無料相談窓口