1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

返済までの流れ

債務整理の相談はどうしても不安が伴ってしまうものですが、事前におおまかな流れについての確認をしておくことによって、安心して手続きを進めることができるはずです。

債務整理を専門家に相談した場合、一般的な相談から借金返済まで、どのような流れで進むのか説明します。

1. 適正となる手続きの判断
まず、専門家は相談者の詳細な状況を聞いて、適正となる債務整理手続きを判断します。ただし、この段階では正確な借金の額などがまだ確定していないため、あくまでも暫定的な方針です。

借金問題の解決手法としては任意整理、個人再生、自己破産といった方法があり、この中から適正となる手続きが選択されることになります。

その他、専門家に依頼をする場合にはあまり利用されませんが、特定調停といった手続きもあります。

2. 専門家との委任契約
専門家から手続きの説明などを聞いて、実際に依頼することに決めると、専門家とは委任契約を結ぶことになります。

ここで専門家への費用(報酬)に関するお話がでてきますので、金額やどういった方法で支払いをしていくのかについて、しっかりと確認しておくことが重要です。

専門家への費用の支払い

現状、どうしても費用の支払いがきついのであればその旨を伝え、専門家の判断を煽ぐようにしましょう。専門者側も依頼者がお金に困っていることは重々承知していますので、必ず柔軟な対応をしてくれるはずです。

3. 受任通知の送付と債権調査
次に、各債権者(貸金業者など)に対して、専門家が債務整理手続きに介入したことを伝える通知を出し、借金の総額を確認するため、過去から現在までの取引履歴の開示請求を行います。

その後、各債権者から出された取引履歴を、現在の法定利息に引き直す計算をし、借金の減額、過払い金の有無といったことを確認し、最終的な借金総額を算出します。

なお、債権者からの取引履歴の開示のタイミングがまちまちですので、債権調査の終了までは2ヶ月~長いと半年近くかかってしまうこともあります。

4. 方針の再検討
すべての債権調査が終わった段階で、依頼者の現在の収支との兼ね合いを見ながら、再度、債務整理手続きの方針を検討することになります。

この頃には、依頼者も借金の返済がストップしてから数ヶ月が経過していますので、精神的にも落ち着きを取り戻し、生活自体も安定してきていることがほとんどです。

このタイミングで依頼者の意思と現況を踏まえ、最終的な債務整理手続きの方針を決定することになります。

5. それぞれの債務整理手続きへ
任意整理や過払い請求であれば、各債権者との和解交渉に入りますし、自己破産や個人再生といった裁判所を介す手続きを取るのであれば、申し立ての準備をすることになります。

基本的にはどの手続きであっても専門家が率先してくれますが、自分自身の手続きだということを決して忘れてはいけません。

依頼だけをしておいて後は放置といったことは、債務整理手続きではできませんので、必ず専門家とは連絡を取り合うようにしましょう。

6. 借金の返済、清算へ
任意整理、個人再生の場合は、和解内容、再生手続きに則った返済がはじまることになります。

この返済が完済するまで、委任関係を継続してくれる専門家もいれば、返済の開始と共に委任関係を解消する専門家もいますので、この点に関しては契約時に確認しておくようにしましょう。

借金の返済、清算

また、自己破産の場合、原則として申立後に得た財産で返済をすることはありませんが、申立時の自身の財産を清算することによって、法的な返済義務を免れることになります。

7. 新しい生活へ
どの手続きであっても、債権調査も含めれば半年~1年以上はかかってしまいます。完済までを含めればそれ以上です。

債務整理は長い道のりになってはしまいますが、手続きを終えることができれば、借金に悩まされない新しい生活を手にすることができるのです。

借金の無料相談窓口