1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

借金の取り立てというのは、禁止行為(詳しくは「借金取り立ての禁止行為」)さえしていなければ問題が生じることはないため、その範囲内で取り立てをされてしまうというのは仕方がありません。

すぐにできる取り立て対策

しかし、貸金業者からの取り立て行為にどうしても耐えがたい場合、どうしたら良いのでしょうか?

すぐに出来る取り立て対策を利用する

こういった場合は、誰でもすぐに出来る取り立て対策を利用しましょう。

もちろん一番良い方法としては、専門家に介入をしてもらうことですが(詳しくは「違法・悪質な取り立ては専門家に相談を」)、それがすぐにできない場合も当然ながらあります。

そういった場合は、とりあえずの対策をしておくことによって、いったん取り立てはストップし、精神的な負担を軽減させることができます。その間に返済資金を用意するか、専門家に相談をするなど、別の対策を検討するようにしましょう。

貸金業者からの連絡は無視しない

貸金業者がしつこく取り立ての連絡をしてくる理由の1つに、債務者と連絡がつかないことが挙げられます。

電話に出ないことが原因となり、何度も何度もしつこく連絡をしてきているのです。一般的な貸金業者は、債務者と連絡が取れていれば、とりあえずはそれで良しとしている業者が非常に多いため、無視をすることだけはしないようにしましょう。

また、その際は、すぐに支払いができないことを伝え、返済できる見込みがある事実と、その日付を伝えることさえできれば、だいたいの貸金業者は待ってくれるはずです。

ここで待ってくれないのはヤミ金業者くらいなので、ヤミ金業者に対しては別の対策(詳しくは「ヤミ金業者からの借入は?債務整理できるの?」)が必要といえます。

専門家への相談を検討していると伝える

返済できる見込みがまるでない場合は、専門家への相談を検討していることを伝えましょう。

貸金業者としても、いつ連絡が取れなくなるかわからない債務者に対して催促をし続けるよりも、専門家に介入してもらっていたほうがいつでも連絡が取れるし、進捗もその都度尋ねられるため、少しは安心できると考えています。

よって、専門家への相談を検討していると伝えるだけで、とりあえずその場は引き下がってくれることがほとんどです。

相談先の事務所や弁護士名を伝える

もし、すでに相談の予定が決まっているのであれば、相談先の事務所や弁護士名を出してしまうという方法もあります。

ただし、名前を出したい場合は、念のため相談先の事務所に連絡をし、確認を取っておくようにしましょう。

とはいえ、多くの場合で快く了承してくれますので、図々しいかな?などと心配する必要は一切ありません。臆することなく確認をしてみましょう。

よくある相談

借金取り立ての禁止行為
違法・悪質な取り立ては専門家に相談を
突然の取り立て行為への対処法
違法・悪質な取り立てには証拠集めを

無料相談窓口