1人でも多くの方を借金の悩みから救うこと それが私たちの使命です

相談前の準備

債務整理を専門家に依頼する場合、相談前には一体何を準備しておけばよいのでしょうか。

前もって準備をしておくことによって、相談自体をスムーズに進めていくことができますし、その分だけ問題解決も早くなります。

債務整理問題は解決が早ければ早いほど良い結果となることもありますので、可能な限り準備をして相談に臨むようにしましょう。

相談前の準備

・各専門家の役割を知っておく
債務整理の専門家といえば、弁護士と司法書士が挙げられますが、この二つの士業にはそれぞれ役割が決められています。

この役割を事前に知っておかなければ、相談の二度手間にもなりかねませんので、しっかりと把握をしておくようにしましょう。各専門家の役割についてはこちらを参照ください。

・自身の借入状況を整理しておく
現在、自分がどこからいくらの借入があるのかを整理しておくことも重要です。

専門家も借入先がわからなければ受任通知(専門家の介入を示す通知)を出すことができませんし、借入の総額がわからないことには、適正となる債務整理手続きの判断をすることができません。

自分はどこの貸金業者から、又は個人から、一体いくら程度の借入があるのか。可能な限り整理しておくようにしましょう。こちらは特に決められた書式があるわけではありませんので、内容さえわかれば手書きであっても構いません。

どちらにしても最終的な借入の総額は、専門家による債権調査によって判明することにはなるのですが、自分でも可能な限り準備をしておくことが早期解決への近道です。

・1ヶ月の収支状況を整理しておく
個々の適正となる債務整理手続きを判断するには、借入総額の情報だけでは足りません。自身の1ヶ月の収入と、支出(現在の返済額も含む)を整理しておくようにしましょう。

1年を通してみれば、ボーナスや車検といった一時的な収支もあるとは思いますが、とりあえずは直近1ヶ月分の収支状況を説明できると良いです。

また、債務整理をしなければならないほどの多重債務に陥ってしまった経緯などを時系列にまとめておくと、かなりスピーディーに手続きを進めることが可能となります。

・完済している貸金業者も重要
すでに完済している貸金業者であっても、「過払い金」が発生している可能性があります。

自分の中では自己破産のつもりでいても、すでに完済している貸金業者から多額の過払い金が判明し、すべての債務を完済できてしまった例も少なくはありません。

とはいえ、完済からかなりの期間が経っている場合、どこの貸金業者だったか思い出せないこともあります。信用情報機関への照会によって過去の取引先を調査することも可能ではありますが、記録の保存期間の経過によってすでに末梢されている可能性もあります。

過去の取引の場合、専門家の調査には限界があり、どうしても自身の記憶や何かしらの資料頼りとなってしまいますので、可能な限り貸金業者を特定できるようにしておきましょう。

無料相談窓口